スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジラの彼

♪相当前ですが、読み終わりましたv
ちなみに、うちは「空の中」「海の底」を読む前に「クジラの彼」を読んだクチです(笑)
短編でも面白かったけど、やっぱり本編を読んでからこっちを読むと面白さ倍増って感じですねvv
納得できる部分もあるし、驚く部分もあるし!
まぁ、詳しくはそれぞれの感想にて。

クジラの彼は短編が6つ入ってまして。
それぞれ簡単に感想をばv


【クジラの彼】
・これは海の底の冬原が出てるやつでして。
こっちだと(?)なかなか素の冬原が見れて面白かったです!

これはたぶん、本編最初より前の話だと思うんだけどね~。
本編の「海の底」で、最後に冬原が聡子とくっついてたから、どんな人なんだろうな~って(聡子が)ずっと思ってたんだけど、これを読んで納得v
(というか、正確に言えばコレ読んで本編読んで、また読み直したわけですが。)
冬原と聡子のさりげないやりとりがきゅんでしたv
最後の方で冬原が現れるとこなんかは素敵だったよv
これは本自体のタイトルにもなってるけど、”クジラ乗りさん”ていうフレーズが素敵よねvv
良いCPだと思いますvv



【ロールアウト】
・実は、これはこの短編集の中で1番好きな話ですvv
まさかのトイレをめぐる話っていうのがすごく面白くて!
もちろん、二人のキャラも素敵なのですけどねv
絵里はこう無邪気(?)というか素直というかで、高科は真面目でね~。
でも、やることなすことカッコいいところがすごいと思うv

最初は、馬が合わない二人(高科と絵里)なんですが、
それが”次世代機のトイレ”が関係しつつ、こう距離が近づいてくのがとてもきゅんでしたvv
…まぁ、最初も基地にあるトイレの通路をめぐって若干合わない感じだったんですけどね~;
そこからさらに、次世代機の要望で合わなくなって、でも途中から絵里が機のトイレの重要性に高科に気づかされて、共に闘ってく…みたいな感じで。
絵里が逆境に立たされて、でもそれをさりげなく気遣う高科とかもう・・・vvv
気持ちとか感じ方がすごく細かく描写されてて、そうだよね・・・とか思いながら見守ってましたよ♪
最後の方で、実際に高科が絵里にやった”荒療治”を皆にやってたところはすっきりしたね~!
さすが高科さんって思ったv

そんで、次世代機がロールアウトしたら…ていう予約を言い出す絵里に、
そういうことは自分から言い出す主義って返す高科さん素敵過ぎるv

これはすごい面白い話で、大好きですよv



【国防レンアイ】
・これもキャラが光ってる感じですね~。
三池の破天荒な感じのキャラと、伸下の尻にしかれた感じが(笑)
でも、三池可愛いんだよね~。
伸下に愚痴りつつ…みたいなとこv
あとは、裏切られるのが怖いから・・・的なのとかね!
腐れ縁というか、もはやそのうち決定なんじゃない?て思われるよvv
三池が元彼に会っちゃって、でそれを伸下が相手に喝入れるみたいなとこもよかったな~v
伸下八年越しの気持ちが報われて、やっぱりこうじゃなくちゃって思ったよvv



【有能な彼女】
・いや~、これも実は大好きな話ですvv
なぜなら、「海の底」の主役・夏木とヒロイン・望の本編その後の話だからだよvv
最初は本編知らなかったからアレなんだけど、海の底読んでからまた読み直したからv
海の底はほんとに素敵な話だったからね~!
時間が合ったら、また借りて感想書こうと思いますがv

二人が別れたまま終わるわけはない・・・よね?って、事件が終わったあとに思ってたんだけど…。
それから望が防衛庁に入って…ってとこで終わってたからさ。
後にして見れば、待ってました!って感じの話だったわけですvv

でも、望の大人具合にビックリしましたよ最初!
うちの知ってる望は、どことなく自信なさげで大人しいイメージだったから。
(これは、海の底の最初の望ですね。)
けど、高校から大学、そして就職して、すごい大人に変わったんだよね~。
いろんな意味で。
夏木さん押され気味だったらしいし、二度目の出会い以降(笑)
まさしくタイトルの通り、”有能な彼女”だよね。

夏木さんのキャラが既にストライクだったわけですが、この話見てもね~、不器用さが滲み出ててvv
望ちゃんが優秀なもんだから、気後れしてる夏木さんにきゅんv
そして、やっぱりけんかに突入しちゃうけど仲が良い二人にきゅんvv
最後まで、結局望ちゃんに押され気味だった夏木さんでしたけどねv(笑)
いい話でした♪



【脱柵エレジー】
・これも、テーマ的に珍しい感じで面白かったです!
登場キャラの経験談を元に、今まさに脱走しようとしてる人をなだめるって感じなんですけどね。
清田さんの過去と、あと吉川さんの過去を出しつつ、
最終的にはいい関係になってたあたりがいいよね!
これは男性主役ですからね~。
でも、両方の気持ちが入ってるあたりがすごいと思うんだけどね・・・!
そして、その展開があり得るって思える時点で既にあるわけで、そこもまたすごいし。
違った形ですが、これも好きですv



【ファイターパイロットの君】
・これは、「空の中」のエピローグ的な物語ですね!
光稀と高巳のその後のお話かな。
このCPはキャラ的にも話的にも印象が強かったので、読んでて楽しかったですv
光稀さんのキャラが素敵なのよvv
航空機乗りでカッコいいんだけど、意地っ張りですごく可愛くて、読んでてニヤニヤしてましたvv
その可愛さを分かってる高巳にもきゅんv
どことなく感覚のズレてる光稀さんと言い争ってる高巳を見てるとほのぼのしてきますよ♪
これは空の中読んだ人なら絶対読むべきって感じですね!
(もちろん、読んでなくても十分楽しめます♪)




といった感じですね。
やっぱり感想書くと長くなっちゃうのはもうデフォルトかな・・・(笑)
元々、活字大好き人間なんでvv

そんでもって、今日「阪急電車」を借りてきました!
有川先生の小説は面白くて、すぐ読み終わっちゃうのでちょっと寂しい感じもしますが、楽しみですvv
スポンサーサイト

tag : 有川浩 クジラの彼

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。