スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう12月ですねー。

♪なんか、すごくあっという間な気がします。
今年もあと1ヵ月で終わりなんですね…。

そして、12月といえば、大学3年生にとっては修羅場の季節です…。
今月からプレエントリーが始まるので、就活が本格化しますからね。


そこで…というわけでもないんですが。
今日は、大学で開かれてる「自己PR・志望動機対策講座」に参加してきました!
なんていうか…既に心がへし折られた感じです…orz

基本的に生徒4~5人+キャリアセンターのカウンセラーさんでグループワークみたいな感じでした。
それぞれカウンセラーさんによってやり方は違うみたいなんだけどね…。

私のところでは、まずはじめにカウンセラーさんが自己PR等を書く上で重要なことを話してくれて、事前に添削してもらった自己PRを見つつ改善点を探しました。
その後で自分の文章を読み上げて、同じグループの人に指摘をもらうという形でした。
自分では気づかない悪い点を指摘してもらえたので、改善点はすごく見つかりましたね!
…だからこそ、へこんだわけなんですが;
まぁでも、今の段階から直しておくべきだなと思うし、すごく勉強になりましたね(^^)
近いうちに直して、面談に行かなきゃなと思います!

就活関係で色々あるし、公務員の勉強もやらなきゃだし、試験やらレポートやらもあるので…。
やることが多すぎてパンクしそうです(>△<);
でも頑張る!



♪さて、前回の記事で携帯を替えたいとか言ってましたが。
今週の月曜日に替えてきましたよ♪
この間言っていた通り、ドコモの「ARROWS Kiss F-03D」のホワイトにしました!

スマホにした感想としては…
良い点は、PC向けサイトが見られるってことですね。
就活するうえでスマホにすると有利って聞きましたが、確かにそうだと思います。
リクナビとか就活サイトも見れるし、大学のキャリアセンターが主催のイベントに申し込みもできますしね!
それを抜きにしても、趣味関係でPC向けのサイトが手軽に見られるというのは、やっぱりすごく便利です♪
あと、色々なアプリがあるので新しい発見が続々ってところですかね。
まだオリジナルといえるほどアプリを入れては無いんですが、今の状態でも十分楽しめますv

悪い点は、ネットの接続が遅いことですね。
反応が悪いというか。
まぁあれくらいなら許容範囲内ですが…今まで携帯の速度で慣れてると、少し遅く感じます。
それがAndroidならではなのか、機種の問題なのかはよく分かりませんが;
あと、文字を打つのに慣れるのが大変です。
この機種はテンキーとQWERTY式と両方入ってはいるんですが…。
やっぱりちょっとでも場所がずれると違う入力しちゃったりとかもあるので、結構大変です;

総じては、やっぱりスマホにして良かったなと思います!
スマホにうまく対応してないサイトとかもあるけど、なんだかんだ言って便利ですし。
充電も確かに1日でなくなっちゃうけど、帰るまではちゃんと持ってくれるのでそれほど不便は感じません。
ちなみに今はきせかえを導入して、リラックマになってますv(笑)

GREEで陰陽師とラブ天が対応してないのはほんとに残念なんだけどね…。
ラブ天は今日から公式に配信が開始したようですが、やっぱりスマホには対応してなかったので;
やっとアリオスが出たってのに、プレイできないとか悲しすぎるorz
まぁでも、需要が増えれば対応してくれると信じてるので大人しく待ちたいと思います。


私は月曜の午前中に替えに行ったんですが。
同じ日に学校に行ったら、友人もスマホに替えててビックリしました(笑)
まぁ会社とか機種は違うんだけどね。
そして水曜に会った別の友人もスマホに替えてましたね…。
やっぱり、みんな就活用に替えたのかなーなんて思っちゃいます。

電車とか乗ってても、やっぱり昔に比べればスマホ率が増えたような気がしますよね。
最近は会社の方も、携帯電話じゃなくてスマホの方に力を入れているようですし。
今はスマホの普及率が9.5%ぐらいだそうですが、10%に近づくと一気に普及していくんだそうです。
それでいくと、これからはスマホを持つ人が増えるのかも、と思います(^^)



♪そういえば、「JAPAN乙女Festival 2」のキャストが発表されましたね!
ちょっと転載しておきます。

伊藤健太郎、井上和彦、下野 紘、関 智一、
高橋直純、高橋広樹、津田健次郎、寺島拓篤、
鳥海浩輔、成田 剣、平川大輔、堀内賢雄、
前野智昭、森川智之、森久保祥太郎、森田成一、吉野裕行、代永 翼
ほか (敬称略)

だそうです。
最初は友人の(GREEでの)ひとことでキャスト発表されたことを知ったんですけども。
なんでこんなに豪華なのよ…!と泣きそうになりました←
2月なんて就活の真っ最中なので行けませんからね…。
それが分かってるのに…なんでここで広樹さん+成田さん+森田さんとかいう、
私的に最強の組み合わせが来るのかな!?(泣)
ああぁぁぁぁ……。
なんか色々と悔やまれます…。
上記の3人以外でも好きな人ばかりですし…!

少し魔恋をやった自分としては、ちょっとそのあたりのキャストさんも揃ってるよなーとか思ってみたり。
やるのかどうかは分かりませんけどね。
今のところ、オトメイトは薄桜鬼しか出てなかったので。
でも、メインで森川さん、森久保さん、成田さん、
サブで賢雄さん、前野さん、吉野さんがいるので…
ドラマなら立派に成り立っちゃうと思うんだよね。
まず無いとは思うけど…もし、レヴィアス様とマイレアス様のくだりがあったら、私の涙腺は確実に崩壊します←
理由はプレイ状況と絡めて、以下に(^^)



*以下、「魔恋の六騎士」のネタバレ含むので、閲覧注意!


「魔恋の六騎士」は今のところ、共通ルートは終わりました!
まぁ、1周目ですけどね…。
でも、そこで六騎士(どころか他の騎士団長も)全員死亡フラグという…orz
最終的にヒロインは生き残り、レヴィアス様はどこかで生きている、という設定でした。
バッドエンドが嫌いな私としては、なんかもう…やるせないっていうか…。

たぶん1周目は確実にこのルートを通るんだとは思うだけども。
だけど、全員死亡は…って思いました。
だって、1周目の時点では弟のルノーも、騎士団長全員も失った記憶を持った状態で終わるんですよ!?
仲間が死ぬという1周目バッドエンドは、遙か3を彷彿とさせますが、
あれは時空を越えて運命を変えるので、実質的にはバットエンドでは終わりませんからね。
望美はバッドエンドルートの記憶を持ち続けた上で、ハッピーエンドへと向かえるんですから。
作品が違うのだから当たり前だし、別に時空を越えろとかそんなことは言いませんけど…
ヒロインがバットエンドの記憶を持ったうえで終了するってのは…1周目としてはちょっとブルーになりますね…。

まぁ、だからこそ他のルートで変えようとか、
それをプレイしたからこそ別のハッピーエンドへのルートが現れるというのはシステム上当然だよな、とは思うんですけどね…。
けども、私は1周目プレイして若干鬱になって、一瞬、もうプレイするの止めようかな…とか思ったので(笑)

ちなみにその後、他のルートも出てきたはずなんだけど。
2周目(もどき)をフィーリングのままにもう一度プレイしたらやっぱりバッドエンドでした←
私、むいてないのかな…とかなりへこみましたがorz

どうすればルート分岐するのか分かりませんw
…という理由と、就活が始まったという忙しさから、今は全然手を付けてませんねー。
一人ぐらいクリアしたいんだけど…なんかまたプレイして同じバッドエンドだったらショックだし;
なので、攻略本が出てからやるとか、とりあえず効率よくクリアできる方法が出てきてからやろうと思います(^^)


で。
プレイした後の感想としては…やっぱり最初の違和感がずっとありましたね…。
なんていうか、キャラの性格と行動が一致してない気がどうしてもしてしまって。
うーん…?と思いながらクリアした感じです。
六騎士については、これから個々のルートがあると思うので、細かい心境とか境遇とかは出てくれる(と信じてる)んでしょうけどね…。

レヴィアス様に関しては、目指すものもその理由も納得できました。
蔑まれ、恋人を奪われた境遇があって、王としてふさわしくない伯父を倒すことを目指すのなら…当然だろうなと。
だけど、ヴァーンが理解できませんでした。
過去と回想ルートを見ましたが、私には矛盾してるように思えて。
まぁ、私は騎士団側の視点を最初から持ってるわけで、そのあたりのことが関係してる可能性はあるという前提があるのだけれど。

過去に魔導を封印する術に失敗して、マイレアス様を廃人のようにしてしまったことに対する負い目から、魔導を極めたところは分かるんです。
その儀式を二度としないように誓ったということも。
でも、息子夫婦に孫の封印を頼まれた時点ではそれなりに力もあって、しかも彼らは絶対に封印を施すという意志を持っていて。
危険だと分かっているからこそ、だったら少しでも力を貸したならば、あの悲劇は起こらなかったと思うんですけどね…。
それって結局のところ、あの人は逃げてただけってことなんじゃないのかな、と。
危険なことは目に見えてたのだから。

その後、レヴィアス様と敵対するわけですよね。
ヴァーンはレヴィアス様が復讐に執着しているために、世界を破滅に陥れる恐ろしい者として、堕落してるけど平凡な現皇帝側に付くことに決めたんだけれど。
この宇宙がこれからどうなるかを見届ける必要があり、そしてそれが出来るのは現時点では自分だけと分かっていながら、マクシミリアスが皇帝を続けることを容認したってのがどうかと思うのよね。
そりゃあ彼が予想したようにこのままなら平凡に終わるかもしれないけど、格差が酷い状況を見れば、レヴィアス様でなくとも反乱を起こす者が現れないとは限らないし、そうしたらいずれにしろ悲惨な戦いが起こるわけで…。
だったら、いくら復讐が前提とは言え、皇帝として目標を持つレヴィアス様に味方する方が妥当だと思うんだけどね。
あの人は師でありながら、実のところ彼のことを理解してはいなかったんじゃないだろうか、と思っちゃいました。

そして、ヒロイン側の視点を持ってると、裏工作してたってことがさらにイラっときますよねw
なんとなく…最初にヨハネが出てきた時、こいつはいつか裏切るんじゃないかなと思ってたんだよね。
(まぁ、途中からすごく騎士団に馴染んでたのですっかり忘れてたけど←)
そしたら、騎士団ごと裏切りやがったからねw
しかも、そのせいで騎士団は窮地に陥って、結果あのバッドエンドなので…私の恨みはすごいですよ?(笑)
まぁ、それがなくともヴァーンが皇帝側についた時点で結果はどうなったのか…よく分からないけれど。

そういえば、ヨハネが裏切った時になんかデジャヴだな…と思ったんですが。
よく考えたら、「マスケティア」のポルトスルートでアラミスが裏切ったんだよなって思ったのよね。
アトスルートでは裏切って無かったと思うので…意外だったのだけど。
(他のルートはプレイしてるのでよく分からないが;)
偶然にも、中の人が一緒でした(笑)



♪前置き(?)が長くなりましたが、涙腺崩壊の話に行きます。
同じく過去ルートで、マイレアス様の話もあって。
どうして「廃王子」になったのかとかね。
魔導封印によって思考能力が奪われてしまったという悲劇があったにしても、
マクシミリアスが皇帝の位を奪ったという事実、そして奴が皇帝にふさわしくないということも、
正気を取り戻し始めたあたりから分かってましたからね…。
そしてレヴィアス様が受けた仕打ちに対してどうする事も出来なかった自分を知って、そして彼がいつか復讐しにくることも分かっていて。
その上で、自分がレヴィアス様に何もしてやれなかったことを悔やんで、それならせめて、これから彼が皇帝になるように、と動きましたからね。

最初、プレイしてた時はどうして自らレヴィアス様の討伐隊の指揮官を名乗り出たのかとか分からなかったんだけどね…。
そんなに息子のことを憎んでるようには見えなかったので。
けど、恐らく、マイレアス様はレヴィアス様のことを今の大切に想っているんだろうと、最後の一騎打ちの場面で思ったんだけどさ。
指揮官に名乗り出たのにはマクシミリアスに対して牽制の意味があったと知って、納得でした。
ヴァーンのところに助力を願い出に行った時も、あれは本心ではなかったわけですしね。
本心は、最期まで自分の胸の内に隠したままでしたから。

そして、ラスト周辺の一騎打ちで。
騎士団ルートをプレイした時も、マイレアス様は息子の不始末は自分が付ける的な感じで挑んできたのだけれど。
それも、彼からしたらレヴィアス様が皇帝となるための布石だったんですよね…。
現皇帝の失墜や、反乱の恐ろしさを示し、皇帝にはレヴィアス様がふさわしいと見せつけるための。
レヴィアス様の剣が身体を貫いて、息絶える瞬間に彼が何かをレヴィアス様に言ってて。
その内容がマイレアス様のルートでは全て明かされるんだけどさ、それがまた…!
本当に、元に戻ってからはレヴィアス様が勝利して皇帝につくことだけを願っていたんだなって…。
あれはほんとに切なかったです…。

騎士団側の視点では、その言葉を聞いた後にレヴィアス様は少し動揺してまして。
その後、レヴィアス様らしくない、声を荒げる場面があったんだけど。
それもきっと、実の父親の本心を知ったからこその複雑な心境の表れだったのかなって思いましたね…。
母親のアンナを攻撃したときでさえ、彼女が亡くなった後には何か戸惑いというか、悲しみが表れていたような気がするし。
やっぱり身内に対する情は残っていたけれど、それでも、彼の決意は固かった、そういうことじゃないかなって思います。
そういう意味では、レヴィアス様を悪魔だと言ったヴァーンは、やっぱり何も分かっていなかったのではないかと思います…。

まあ、善悪なんて人によって違うのでしょうがないんですけどね。
だからこそ、やるせないっていうか…。


…とまぁそんなわけで、この親子の話は切ないんですよね…。
マイレアス様の想いが明かされるこのルートでは、ほんとに泣きましたから…。
過去を狂わされたためにレヴィアス様と隔てられることになってしまったんだけど、
でも、この人はやっぱりレヴィアス様の全てを分かっていたんだと思います。
それなのに、この親子は魔導封印の儀式に翻弄された、最大の被害者なんですよね…。
それがまた、何とも切ないな…と思います。
そしてこのくだりでの賢雄さんの演技はすごい…!と思いました!
ほんと泣ける。
マイレアス様は賢雄さんでないと成り立たないと思います…!



こんなに語るはずではなかったのに…ちょっと後半の感想が予想外に長くなっちゃいました;
いつか、ちゃんと編集しなおして感想あげるかもしれません(^^)
それぞれのルートは、やってみてのお楽しみかなぁと思います。
でもぶっちゃけ、騎士団ルートでも十分面白かったので、個別ルートやらなくてもいいかも、とか思っちゃいました←
だって…仲間って良いじゃない…!
恋愛もいいけれど、何かを共有できる仲間のような関係ってやっぱり素敵だなって思いますv


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。