スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マスケティア」 アトスルート感想

♪あー…。
なんかもう、完全に鮮度が落ちかけてますねー。
やった端から記憶が抜けてく感じですw(ひでぇw)
うー…でも私、頑張る…!←


*以下、「マスケティア」アトスルートのプレイ感想です。
ネタバレ含むので閲覧注意!






【アトス】
やっぱりメインキャラ筆頭だけあって、ボリュームもあるし、
ストーリーの内容も結構凝ってるな~って思いましたね!
きゅんときますv
年上って、やっぱり最強なフラグだよなぁ…と実感(^^)

イベントも、舞踏会とかノエルとか、美味しいものがたくさんでしたしね…!
物語を読むイベントも面白かったですv
恋愛小説…あの続きがどんなものだったのか、すごく気になるんだけれども…!
まぁ、雰囲気的にレーティング変わっちゃいそうな内容だとは思うのだが(笑)
ヒロインとアトスが一緒に読み上げるのがあったけど、あれがヒロインのボイス付きだったらもっと萌えたのに…!とひっそり思ってました(笑)

アトスは悪魔の代償に辛いものがありますよね。
変身するたびに悪魔に侵食されてって、いつかは元に戻れなくなるかもしれないっていう…。
このままだと、2人の未来は無いとかね…。
こういう、切ない感じがすごく好きでした…!
でも、最終的にはハッピーエンドになったのがやっぱり良かったですv

あとは、プランシェが結構良い感じのポジションだったよねー。
やっぱり女友達って良いなぁと思う瞬間ですねv



ですが。
なんていうか…こう、いまいち納得できない部分もあったりとか…。
アトスは結構最初クールだけど、まぁ後半デレてくるわけなんですけど。
なんか、最初の性格からは考えられないなっていう発言があるんだよねー。

例えば、ダルタニアンがロシュフォール先生にバッキンガム塔の付近まで連れ去られたときとか、
アトスは先生に「殺してやる…!」って言うんですよ。
最初、あれ?ってちょっと思っちゃったんだよね。
アトスなら、「許さない…!」とかかなーって思ったので。
そんな過激なこと言うっけ!?って思って。
あとは、ロシュフォール先生を倒す時に、背後から不意打ちするんですが。
「騎士道精神を忘れたのか」という先生に、「なりふり構っていられない」と。

まぁ、恋愛が絡めばそうなるのかなぁーと思わないでもないんですけどね。
どんな手段を使ってもダルタニアンを護りたいし、自分も死ぬわけにはいかないし。

けど、アトスだからこそ、そこは正々堂々と勝負するんじゃないかって思ったりもしたわけで…。
だから、かなり違和感を感じちゃいましたね;
ダルタニアンとの出会いで本来の自分を出せるようになったっていうことも影響してるんでしょうけど、
個人的には昔のような本来のアトスらしさを貫いてほしかったなっていうのが、正直なところですねー。

それと、やってる最中はアトスとダルタニアンがそれぞれどうやって相手に惹かれていったのかがあまり見えてなかった気がするんですよね。
あとからイベント見直してみると、そうでもないかなぁ、とは思わないでもないですが。
初プレイ時は、え、いつ好きになったの?と思っちゃったのが残念ですねー。


あとは…終章で。
ダルタニアン自身が“鍵”だということが、上手く活用されてますよね。
死にかけちゃいますし…。
で、やっぱり見てて「道連れ」は悲しいよなって。
自分と引き換えに相手が無事であれば、って願っちゃうのはしょうがないのだけれど。
でも、残った相手の気持ちとか考えれば、やっぱりその選択肢はダメだよねって思う。
2人で未来を切り開く道を探してほしいなって。

最終的に、首飾りによって戦いに勝つんだけれども。
あれは、ダルタニアンの傷も直した上で、アトスの悪魔化も解けたってことなのかなぁ…?
首飾りがどういう過程を経て影響したのか、しっかり描かれてなかったので残念です;
エピローグとか見た感じでは、左手の刻印が消えてるかどうかは分からないから…何とも言えないですしね。
けどまぁ、きっと消えてるんでしょうねー。
けど、やっぱり大きく関わっている以上、首飾りの件は重要だと思うから…惜しいな~って。

それと、アトスが理事長を道連れにする→ダルタニアンが首飾りを投げる→外に放り出される
っていう過程で、首飾りを投げてから外に放り出されて無事に勝利、っていうところが、もう少し盛り上がればいいのになーって思いました。
なんか、勝ったのがあっさりすぎて…。
え、もう終わったの!?って思っちゃったので。
例えばどちらかの視点で過去の思い出が流れるとか、ヒロインの気持ちが暗闇の中で流れてて、そこで呼ぶ声が聞こえるとかさ。
あそこにもう1つ何か入れば、ドラマチックな感じがしたと思うので、すごく残念でした;
エンディングロールの前も、けっこうあっさりな感じでしたしねー。

エピローグは結婚式までいってたので…ちょっと驚きましたね!
あ、そこまでやるんだって。
だって、ネオロマやり慣れてる私はエンディングでもそこまで行ったことないんだもの(笑)
(まぁ、仁義なき乙女ではあったけれども。
あれはレーティング的にもありえるし、説得力あるから良いと思うの!)
キスですら、あんまりないので…マスケティアは多いですから、ちょっとドキドキしますv(笑)
いや、もう2人が幸せなら何でもいいけどね…!←



…とまぁ、けっこう文句たれたんですが。←
総合しては、やっぱり良かったと思いますね!
細かい演出やキャラの心情描写としてはちょっとなぁ…って気になるところもあったんだけど。
やっぱりイベントでは美味しいシチュエーションとかいっぱいあったし、
きゅんとくるところもありましたからねv
明かされてない謎はまだ多いけど、それはこれから明かされると期待しておきつつ、
ストーリーが結構ドラマチックで、アトスの悪魔設定も切なさが入ってて好きだったし。
何より、やっぱりキャラが好きってのが大きいかもしれないかなー。
多少ストーリーが破綻してても、キャラが好きであればわりと問題ないかも、とちょっと思っちゃったよ(笑)

ということで、アトスルートは楽しかったです♪
きゅんきゅんしましたv
年上キャラ万歳!!←


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。