スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来る事があるのなら、

♪東日本大震災が起きてから、1週間経ちました。
日に日に死亡者や行方不明者が増えていき、ニュースで報道されるたび、
今回の被害の大きさを思い知らされます…。
ニュースを見ていると、涙出てきますから…。
救援物資や義援金は徐々に集まっているようですが、
まだ輸送や仕分けの段階で問題が出ているみたいですね…。

原発の問題など、簡単に解決できない問題もありますが…
一刻も早く、東日本が復興されることを祈ります。



私が住んでいるのは愛知県なので、今回は直接被害はありませんでした。

けれど、静岡東部が震源の地震では震度3ぐらいで揺れまして。
直前にあんな大きな地震があったものですから、かなり不安で。
服をベッド付近に用意したり、非常用の荷物を用意したりしました。

そして、関東圏に住んでる友人もいまして。
さらに、現在、原発で揺れている福島の友人もいたので、かなり心配でした。
でも、どの人とも連絡がとれて無事だと確認が出来たので、一安心しましたけどね…。



この1週間で、震災に関する色々な話を聞きました。

震災に対して真摯に向き合う人がいる一方で、
連日の震災に関するニュースでバラエティ番組などが中止になって、それに抗議する人がいたりとか。
某知事の失言とかもありますしね。
こんな状態なのに、消防署員だかを偽って、詐欺を働く輩もいるらしいですし。
(非常時には、犯罪も増えるらしいですが。)
そういう奴は、ほんと何考えてたんだと思いますけどね…。
きっと、こんな被害にあったこともなくて、人の気持ちも分からないような人間なんでしょうね。

同じ日本に生きているのに、こんなにも反応が違うものなのかと思ったりします。



毎日を生きるのにも困っている人がいる一方で、そうではない所では、
それでも日常が流れているんだなぁと実感します。
少しでも力になれるのならボランティアに行きたい、と思うのですが…。
金銭的な問題や受け入れ態勢がまだ出来ていないという問題云々は抜きにするとしても、
やっぱり、制約を受けるんだな、と思います。

今のところ、大学では新学期は普通に始まります。
月末には履修登録や、健康診断に行きます。

そして、バイトの予定も入ってます。

この間(水曜日)にバイトに行った時点では、
乾電池(単1)や懐中電灯などの非常時対策グッズ、
米、水(1~2リットルのもの)、カップラーメンやカロリーメイトなどの非常食類は、全部売り切れてました。
それはドラッグストアに限らず、どこもそうみたいですが…。
被災地に物資を届けなくちゃいけないのに、関東圏だけでなくこっちでも買いだめされてるので…
商品の供給がこれから先、どうなるか分からないのですが…。


それでも、こちらでは何も起こっていない以上、今までと同じように時間は流れていくしかありませんからね…。
こんな状態であっても、いつもと同じように働かなくてはいけないですしね。

同じ日本国内なのに、非日常と日常が同時に存在しているっていうのが、何とも言えないです…。




そういえば、今回の件で募金する人に対して、「偽善者」だという人もいるみたいですが。
たとえそうだとしても、何もしないよりかは全然良いと思います。

気持ちがあって、行為があればそれに勝るものはないしょうけど、
行為自体が結果的に人を助けることになれば、それがすべてだと思います。
今回の場合は特に命にかかわるものですから、余計に…。
偽善だとか言ってやらないよりも、たとえ偽善と言われようと、私はやる方を選びます。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。