スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスト&死神の精度感想

♪今、ちょうどツタヤでDVD安く借りれるんですよね~v
ということで、うちの母と妹が色々と借りてきてたのでうちもちゃっかり見ましたv
他にも、KIDS、魍魎の匣、クローズド・ノートとかもあるんですが。
ひょっとしたらこれから見るかもしれませんけどね~。
前から気になってたのがこの2つだったんで、とりあえず見ました!!


ここから感想ですが、ネタバレ含むので注意!



まず、ミスト。
これはホラーだったので母と妹と一緒に、昼に見てました(笑)
うちは映画だとパニック映画とかディザスターものってすっごい好きなんですよね~v
ホラーも、ついつい見ちゃったりとか。
(ただし、グロいのは無理です;)
あのドキドキ感が・・・vv
で、その点からいくとこれはすっごい面白かったです・・・!
主人公のカッコよさとかね!!(行動的にって意味で)
いや、もちろんトーマス・ジェーン自体もカッコいいわけですけどね!

前に、有川浩さんの「塩の街」を読んだときにも思ったけど、人間って法がなくなるととことん暴走しちゃうんだね・・・。
ってしみじみ思ったよ、これ見て。

あと、劇場予告で出る「衝撃のラスト15分」と言われたエンディング。
あれは確かに衝撃だよ・・・!
うち的には特に。
だって、まさか最後に霧が晴れて、しかも助かるなんてオチなんて・・・!!
いったい何のために他の4人を殺しちゃったのか・・・。
主人公がうかばれないよ、あんなんじゃ・・・!!
個人的には、あのラストは好きじゃないですね・・・。
EDが流れてるときにジタバタ暴れてたぐらいだから(笑)
切なすぎるもん、だって・・・。

それに、あの怪物達が現れた原因ってのが、国の研究によるものなんですけどね。
あたしは生物兵器を開発してたとかを予想してたんですが・・・。
それで誤って変なのが巨大化したとか。
まさかの、科学者が異次元のドアを誤って開いちゃったという設定で。
それであんなんがうじゃうじゃ出てきたそうなんです。
なんか、魔界と人間界繋げちゃった的な感じだと思うんですけどね。
召喚失敗。みたいな。
で、そんな感じなのに、最後には怪物たちは一応全部駆逐されていくんです。
霧が晴れて、最初に子供を助けに行った人が無事で。
あんなでかいのとか、いっぱいいたのをそんな簡単に死滅させれるのかな・・・とか色々考えてしまったり。
うん・・・まぁホラーだから、といわれたらそれまでですが。
結末がちょっと気になりますが、内容的にはとても面白かったですvv



次、「Sweet Rain 死神の精度」
これは、CMでやってて前から見たかったやつなんですよね~vv
内容はすごい素敵でしたvv
微妙に過去と現在と未来がリンクしてるところも好きだし!
いろいろとテーマ的にも考えさせられるっていうか・・・。
あと、登場キャラが面白かったです!
個性豊かですごいな~って。
主人公(死神)の千葉の抜け具合とか見てて笑えたのでvv
あと、ヤクザの話のとこで皆お仲間がいたってとことか「おぉ~!!」って思ったし。
全編通してほとんど雨で、最後に雲が晴れて青空が見えるところは特に印象的だったな~vv
千葉役の金城武さんもカッコよかったし!
個人的には、最初に一恵さんと会ったときの姿が1番好きかなvv
一恵役の小西真奈美さんも可愛かったな~vv
最後の笑顔とか特に!
主題歌の「Sunny Day」も歌詞とかリズム的も良いのに、さらに小西さんの歌の上手さが入ってて、とても素敵でしたvv
映画の内容とのリンク具合もとても良かったしv

これは見なきゃ損って感じですね!!



映画とか小説とか、そういうものを作る人ってほんとにすごいな~って思う。
それで、人に感動与えたり、なにかしらのメッセージを送るわけなんだから。
たぶん、そういうことしてる人が1番幸せなんじゃないかな~って思ったりもする。
俳優さんとかは、演じるのが好きだったり、見てもらうのが好きだったりするわけで、それを仕事としてやってるってことじゃない?
やっぱ、自分が好きなことをして、それで誰かに何かを感じてもらえたり、見てもらえたりしたら、それは幸せだと思う。
なにかを創作するって人間しか出来ないことなんだよね~。
こうして色んなのを見れるってのも素敵なことだと思うし。
うちも、そういうのを作れるひとになれたらいいなぁ~って思うんだけどね(^▽^)
それは結局、自分次第ってことかなぁ・・・。
スポンサーサイト

tag : ミスト 死神の精度 Sweet Rain 感想

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。