スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCK MUSICAL BLEACH the LIVE “卍解SHOW code:003”

♪や、もう素敵過ぎて…何から書けば良いのかって感じなんですが…。

最初にパンフとライトを買って、座席に着きました。
私たちは横列で区切った真ん中から2列目の、下手側でした(^^)
会場全体で言うと、真ん中より左側ってことになりますかね。
やっぱり女性が多かったんですが、ちらほら男性もいたり。
あと、外国人の人とかもいましたね!


最初、一護役の伊阪さんのナレーションで始まりました。
注意事項とかそういう感じですね!
カッコよく決めるのかと思いきや、カミカミで。(笑)
会場を爆笑の渦に巻き込んでましたv
でも、それもまた可愛かったですけどね!

内容はコメディあり、シリアスありで終始楽しかったです!
けどコメディの方が多くて、あちこちでありました(笑)
ほんと、すごい笑わせてもらった気がしますv
アバウトな内容は覚えてますけど、詳しいところはちょっと飛んでたり…。
あと、こっちに書いたらきっとまとまり無くなるので書きません;
内容についてはDVDを見るか、他の方の素敵なレポートをご覧ください(^^)


全員ソングの「SOUL'S SHOUT」とか「The Dark of The Bleeding Moon」は大好きだったので、
生で聞けてもうほんとに嬉しかったです!!

あと、今回は千秋楽だったので、「Song for you」と「カタルシスオブエタニティ」は皆でやってくれました!!
これは知らされていなかったらしくて(?)、微妙にグダクダになりつつ(笑)
あれは素敵でしたねv
それと、東京公演は乱菊役の井上晴美さんが出てらっしゃったんですよねv
あの色気はすごい。本物ですよ、あれ!!
「べんがら格子」はやっぱり素敵でしたね~!
出来れば「冬花火」も聞きたかったんだけど…今回は藍染役の大口兼悟さんがいらっしゃらなかったので、しょうがないですね…;
兼悟さんもほんとに歌が上手でカッコいいので、出来れば見たかったんですが…残念です;
あ、でも、声だけの登場はされてましたよv

そして、なんと言っても「もうひとつの地上」! 
今回は夜一さんも入って、一護も隊員の皆さんとバックダンサーとして参加v
この曲といえば、キャストさんが灯篭を持ちながら客席後ろから出てくるのが定番なんですけども。
私たちが座ってた席近くの通路は、剣八、恋次、イヅルが通ってました!
特に剣八はめちゃくちゃ近くてよく見えたんですけど…
DVDで見たとおり、鈴木省吾さんはまんま剣八でしたね…!
ほんと、男前でしたv
恋次役の森山さんも、ほんとそのまま漫画から出てきたようなクオリティで…!
こんな近くで見れるってのが、やっぱり素敵ですよね(>▽<)v
そして、やはり生歌はすごい。
私は檜佐木役の郷本直也さんが、元のキャラ的にもキャスト的にも好きだったんですけど。
もうひとつの地上のソロパートはほんと大好きだったので、生で聞けてほんと嬉しかった…!
郷本さん素敵過ぎます、ほんとv
個々のソロも素敵だったんですが、後半の全員で歌うとこなんか、本気で鳥肌立ちましたよ…!
あれだけ声が響くっていうのはほんとすごい。
灯籠を持っての登場も毎度ながら雰囲気がありましたしv
もう、皆素敵でした(>▽<)v


あと、曲中に何回か、キャストさんが客席に降りてきてくれる時があったんですけどね。
(「もうひとつの地上」みたく。)
隅っこだと、ハイタッチしてくれるんですよ!
私は残念ながら隅ではなかったんですが、通路からそれなりに近かったのでほんと目の前で!
あれはほんと興奮します!!
目の前を雛森ちゃんや恋次、白哉、剣八、そして檜佐木が通ったときはもうヤバかったですね!!
郷本さんは前の列のお客さんたちとハイタッチしてて、前列の人がほんとに羨ましかったぐらいでした…! 
でも、生で見れたので満足です(>▽<)vv


そして最後、挨拶がありました。
一護役の伊阪さんが、皆(お客さん)もブリーチカンパニーだって言ってくれたときはもう…(涙)
そして、天井からキャストさんの直筆のメッセージカードが紙吹雪みたいに降ってきて…!
すごく綺麗でした…!
周りからはすすり泣きが聞こえてくるし、キャストさんも感極まってるし、
もう、全てが素敵すぎて涙出そうになりました…(泣)


見てる最中は実感なかったけど、DVD見たら泣いちゃうな…(涙)
DVDは絶対買います!!
早く出ないかなぁ…!!
そしたらまた、感想書くかもしれません(^^)
今までの公演のDVDもまた見たくなったので、そのうち買うと思いますv
前は友人に借りて見てたのでね~。

やっぱり、舞台は素敵だな~って思う。
会場の一体感とか、ほんとになんとも言えないよね…!
生ならではのハプニングとかも面白いしv
私は高校のときに一応演劇やってたけど、
舞台を作る側の団結力っていうか、仲間のような感覚ってすごく大切で、素敵なものだったと思うんだよね。
それ+お客さんのパワーとかもあるんだから…
きっと、見ている私たち以上にキャストさんたちには思うところがあるんじゃないかなと思う。
そういうところも含めて、色々と素敵過ぎたのがブリミュでした(^^)

なんか、こうして書いてると、記憶が蘇ってきてどんどん書きたくなるんですけど…
きっとまとまりがないので、自重自重。



最後に。
やっぱりブリミュは大好きで愛してる!!
ってことと、
キャストさん含め、ブリミュに携わった全ての人にありがとう!
ですかねv
このキャスティングだったからこそ、ブリミュはすごく素敵だったんだと思う!
私、最初、今回が今のキャストでの最終公演だなんて知らなかったんだよね…。
見てる最中に、それらしき話が盛り込まれてて、えっ…!?って感じだったので…。
今回が、今のメンバーでの最終公演というのは悲しいけど…、
でも、こんな素敵なものを見れてすごく嬉しいんです(^^)

皆さん、5年間お疲れさまでした!





以下余談です。
こっちには楽しい思い出だけ入れときたいので追記+反転で。




今回、見てて、空気読むのって大切だよなぁ…と思いました。

舞台で生だから、当然声を上げたくなりますよね。
ましてや、好きな作品で好きな人が出てるんだから、その興奮はよく分かります(^^)
でも、キャストさんの邪魔になるようなことだけは自分は絶対にしたくないし、他の方にもしてほしくないなぁ…と思いました。
好きなのだから、なおさら。

他の方も書いてらっしゃる方いましたけど、今回の公演、マナーがなってない人がいたんですよね。
面白くて笑っちゃう場面もあるし、素敵だから拍手もすごくしたい。
けど、キャストさんや音響さんなんかは次に入るタイミングとかもあるので、なかなかそういうのって難しいな~って思いました。
どの辺で切り上げるべきなのかなーって思いつつ。

まぁそれらはいいとして、問題は名前を呼んだりするのですね。
タイミングを計りかねて、困ってるキャストさんが何人かいらっしゃいました。
あと、その声で肝心な内容がかき消されてたりとか。

お客さんの歓声が大きいのってすごく素敵なことだと思います。
愛されてるってことですからね(^^)
でも、今回のがDVD化されたときに、ちゃんとキャストさんの声がはっきりと入っていられるのかな…というのが少し心配になりました。
キャストさんの声がかき消されたところはやっぱり聞きたいので、
DVDで確かめようかなと思ってるんですけど…予想外に歓声がすごかったので。
その辺がどうなるのかなってところが心配だったりします。
でもきっと、その辺はスタッフさんの神技で何とかなってると思いたいですね(^^)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。