スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイセス プレイ日記3

♪ちなみに、現時点ではもう、ガルディアシャフト(本編ではラストダンジョンにあたる)に乗り込むだけだったりしますvv
今は、シャトルであちこち回って、依頼やったりサブイベントこなしたりしてる最中ですv
メインストーリーのシリアスも好きだけど、色々とあるサブイベントはやっぱり良いですね♪


まぁそんな感じなんですが、プレイしながらメモった感想をちょいちょい書いていこうかと思います!
ちなみに、本編そっちのけだったりします(笑)


*ネタバレ注意!
イベントとか順番バラバラです。




・バナナの食べすぎで船に酔うパスカルって…(笑)

・教官は何となく、フェンデル出身っぽいな~と思ってたらどんぴしゃでした!
しかし、ベラニックでソフィに話してた歌の話、あれって教官とカーツさんのことかなぁとか思ったり。
それにしても、教官の歌聞きたかった…!!
歌ってくれればよかったのにな~。

・死ぬのが怖い(ソフィ)
あれかな、昔アスベルたちを守ったときの記憶のかな…。

・気付かないうちに変わっていくソフィ。
アスベルはやっぱりお父さんポジションですかね~。

・シェリアよりソフィを気にかけるアスベルw

・鯛茶漬けが好きだという教官に。
シェリア:「渋いって意味ですよ…ねえ?」
マリク:「俺に聞くなよ」
ちなみに、ソフィはかに玉ラブvv

・最近の人々は物に頼りすぎだという教官。
そんな教官の言葉に、シェリアは姑みたい…と。
こらこら、そんなこと言っちゃダメだからww

・兄さん(アスベル)に、友人殺し(リチャードのこと)はさせないというヒューバート。
やっぱり根は優しいんだよなぁvv
素直じゃないだけで。

・元気ないパスカルはちょっと寂しいよね~。
しかし、それを素直じゃないけど元気付けるヒューバート。
何のかんの言って相性良いよね~v

・ザヴェートにて、教官の過去話。
ロベリアさんとカーツさん、そして教官との関係。
ちょっとこの辺切ないよね…。
後で依頼で出てくるけど、ロベリアさんのお墓あたりでの教官の言葉とか。
これらに関しての教官の発言は、個人的に好きなの多すぎるんだ…!
「ロベリア、君の笑顔は今も…」とか「君を失いたくない」とか。
(多すぎて記憶に留めきれてませんorz)
言えなかった言葉が、あまりにも多いんだけどね…。
本心を口に出せなかったが故に、ロベリアさんは死んでしまったのかもしれないし。
最初、教官がアスベルに「強いだけでは守れないものもある」って言ってたのは、たぶんこのことかな~と思う。
思いやりというか、相手の気持ちも考えなければ本当には守れないって事だったんじゃないかな~。

・サブイベントで、ヒューバート・ソフィ・教官と戦ったりとか。
最初のヒューバートはほんとに唐突で、ビックリしたよ…!!

・深く分け隔てられている道(教官とカーツさん)
目指すものは一緒だったはずなのに、こうして相対する羽目になってしまうのも…切ないといいますか。

・友情の誓いしよう?
ソフィが、ラムダに取り込まれてしまった(逆かな?)リチャードに話しかける場面。
これ切ないよね…。

・→広がっていく繭から逃げる皆。
このアニメーションは、オープニングにあるのと同じでは…!!
あの辺、テーマソングと合わせてヤバいです。
ソフィを背負いながら皆で逃げるのがすごく絆を感じがなぁ…。

・カーツさんにはもっと活躍してほしかったなぁ…!
教官と一緒に、何かして欲しかったのだけれど。
(そして出来るなら、もっと過去話を…!と思ったり。)
大紅蓮石の前でのあの最期はすごい切なかった…(泣)

・→と思いつつ、教官がフェンデルに残ると言い出した瞬間、凍りつきました。
他の皆も好きだけど、教官が居ないパーティなんて…(あたしが)耐えられない…!
誰か引きとめて…!と思ってた時。
ヒューバートがあなたのやるべきことは決まってる、と。
偉いよヒューバート…!!

・そして、そんなシリアスな大紅蓮石の前でのチャット。
火の石に触っちゃいけないわけ
パパ(アスベル)に聞く→ママ(シェリア)に聞く(も、彼女はぽーっとなる)
→教官→ヒューバート、で、ヒューバートは呆れる。
まぁ、このメンツだからしょうがないでしょw

・高いところが苦手な教官。
…ウォールブリッジでは高いところから登場してたのにね(笑)

・リチャードによる攻撃で、体に不調をきたすソフィ。
だんだんと視力がなくなっていくという…。
ソフィを治すために奔走する一同に休んでいなさいと言われるも、
「良くならないならみんなと一緒がいい」
なんかもう、仲間以上に家族って感じだよね…!
この距離感がすごく好きvv
「見えなくても、思い出すだけで優しくなれる」
とかね、もうソフィいい子過ぎる…!!
ちなみに、目が見えなくても気配というか、雰囲気で分かるみたいです。

・沈没船でのサブイベントで、実は掃除好きと判明したアスベル。
面倒や苦しいことも楽しさに変えてしまうのがあいつの強さ(by教官)

・老け込んでいくって…ひでぇww(教官に対して)

・ウィンドル軍史(だっけ?)をもらうサブイベントで、マリク教官の師だった人に会う。
彼が教官に名づけた渾名は「マリっ子」(笑)
そして、彼いわく教官は「天然タラシ」
ちょっと予想外…!
でも素敵だけどv
あと、その師の娘さんは教官に惚れていたものの、捨てられたそうで。
…それは…ロベリアさんじゃないよね…?

・チャット:「存在の重さ」
カットインで入るあの絵がすごく好きだvv
そして、アスベルとシェリアは、ソフィにとっていい両親だと思うよv

・アスベルとヒューバートが無事に戻ってきたあたりのラント家。
色々と過去からの衝突はあったんだけど、アストンさんも息子たちのことを思ってたんだね、やっぱりv
不器用なだけだったんだよね。
ラント家素敵だvv
ケリーさんが皆に作ったお弁当も、すごく温かい感じがしたしv
「大切なのは、答えにたどり着こうとする心」(byアストン)
というかやっぱり、ラント家の人たちは不器用さんが多いのかな~(^^)

・ソフィを通してまた皆と繋がった(シェリア)
あの事件以来、バラバラになってしまった3人(アスベル・シェリア・ヒューバート)がまた元に戻れるというのはいいよね…!!
なんか色々と素敵だなぁ…v



【戦闘終了後のセリフ】
・アスベル 「ふと、昔のことを後悔するんだ…」
シェリア 「アスベル…」
アスベル 「小遣いの値上げ、何でもっと粘れなかったんだって…」
ヒューバート&シェリア 「おい…」(2人ともツッコミのポーズ)
→このやりとりすごく好きです!
やっぱりアスベル天然さんだなぁ~。
それに振り回される2人は大変ですv
なんだかんだ言ってこの3人面白いよなぁv

・アスベル 「俺たちは」
アスベル&ソフィ&シェリア 「負けない!!」
ヒューバート 「うわあぁっ!踏むから!踏むからぁー!!」
(アスベルの足元に眼鏡が落ちていて拾おうとする)
→メガネキャラの王道ですねww

・マリク 「大丈夫かシェリア、立てるか?」
シェリア 「この優しさがアスベルにもあれば…」
→戦闘終了後の掛け合いで1番好きなのは多分コレだと思うんだv
確かにそうですよねw
でも…アスベルだからなぁ……(笑)
教官が大人すぎるんですよv
ちなみに当のアスベルは画面の隅で、どこぞに向かって勝利のガッツポーズしてますw

・パスカル「この勝利を近所のおばさんに捧げる!」
→なぜおばさんに…?と、聞くたびに毎度ツッコミたくなります(笑)


戦闘終了後のセリフはどれも面白すぎますvv
他にも好きなのあるんだけど、ちょっと再現しきれないのでまた今度に♪



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。