スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルダイベント&遙か5 ざっくり感想

♪最近、更新をさぼり気味ですみません…;
ここに来て、だんだん長文を打つのが面倒になってきてしまって…←
元々短文にするのが苦手で、思ったこと全部書きたいから、ついつい長文になってたわけですが…。
それがかえって、仇になってるというね(>△<)
更新する気はあるんだけれど、打つのが面倒なんです…orz
音声を認識して、自動で文章に変換してくれる機械とかあったら、飛び付いてますよ!!←


♪さて、なんだかとてもタイムラグな感じなのですが。
先月、7月27日(土)にパシフィコ横浜で「金色のコルダ~Fearturing 4 Schools~」に参加してきましたー!!
すごく楽しかったですよ!
久しぶりのオンリー…やっぱり良かったですねv
同じ作品だと統一感がありますし…相変わらず、安定の面白さ(←)でしたし!

メインは、それぞれの公演でフィーチャリングされてる学校が主となった、ドラマパートでしたね!
昼公演の星奏学院は、星奏学院内で文化祭(だっけ?)の演奏会に、ゲストとして他校を呼ぶことに。
で、それで至誠館・神南・天音学園の参加を取り付けるために、かなでたちが奮闘する…っていうストーリー。
1番印象に残ってるのは、律が天音学園の参加を取り付けるために、冥加に電話するんだけど…全く出なくて。
で、今度はかなでが電話したら、ワンコールで出たっていう件w
そのくせ、電話に出た冥加はものすごくツンツンしてて、大爆笑でしたw

夜公演の天音学院は、冥加と天宮が対立してしまって、七海君が何とか仲直りしてほしいと、かなでたちと一緒に頑張るっていう話。
七海君…相変わらず苦労してるんだなぁと思いました←
今回は氷渡も参加してて、なかなか良い人ポジションでしたv
最後、2人は元通りになるんですが…相変わらず天宮が冥加の翻訳をしていて(笑)、やっぱりこういう関係でないとなぁって思いましたよv

今回は生演奏なんかもありました!
ドラマがメインとなって繰り広げられたんですが、最後にその学校の演奏ってことで、生演奏が聞けたんですよv
普段、クラシックとか聞かないんですけど…あれはとても良かったですね!
楽器の生演奏って、やっぱりいいなぁと思いましたv

昼公演では、コルダ1・2のドラマパートは、香穂子・天羽ちゃん・冬海ちゃんという、女の子コンビでした♪
女子トークを繰り広げてたんですけど、もし冬海ちゃんに彼氏ができたら…という話になり。
天羽ちゃんが、そんなことになったら、(相手の男性に)あんたは冬海ちゃんを幸せにできるのか…!?
って聞いちゃう!みたいな話をしていて。
天羽姉さん…!と思いましたv
ドラマの後は、天羽ちゃんと冬海ちゃんから、香穂子へのメッセージ。
頑張る香穂子が素敵とか、元気をもらえるって内容だったので、これは来るか…!?と思ってたら…
やっぱり、2人のデュエット「Bouquet~微笑みの花束~」が来たので、すごく嬉しかったv
この曲、すごく好きなんだよねv
前に星奏学院祭3でも聞けたんだけど、元気をもらえます♪

あと、何と言ってもすごかったのが夜公演。
マモが参加とあって、チケットは完売だったそう。
昼公演と比べても声援がすごく大きかったんですよね。
ソロではマモは絶対歌うんだろうと思ってたんだけど、
なんと、きーやん(月森)とのデュエット曲、「CORONA-光冠-」が歌われたんですよ!!
前にネオロマの15thのイベントの時、友人が聞いて、感想は聞いてたんだけど…やっぱり生はすごかった!!
2人ともすごく声量があるから、会場に力強い声が響き渡るんですよ!
思わず鳥肌立っちゃったもん…!
これを聞けただけでも、夜公演に参加した甲斐があったし、参加出来て良かったなぁって思いましたv

すごくざっくりな感想ですが、そんな感じでした(^^)
昼夜どっちの公演も面白くって、公演後に思わず翌日の当日券を買おうか…とか本気で悩むくらいでした(笑)
まぁでも、聞くところによると既に土曜の朝に全公演売り切れてたって話ですけどね。

イベントの合間に、福島の友人・相と、そのお友達のKちゃんともたくさん話が出来たので良かったです!
相とはメールしたりLINEしたりしてるんだけど、Kちゃんとはイベントで会うぐらいしかないんだよね~。
でも、特に会話に困ることも無く、自然に話出来ちゃうのが結構すごいなと思ったりします。
さすが、ネオロマの輪v

あと、土曜の昼公演の前なんですが…会場内で、男性のグループを見かけました。
いつも、男性もちょいちょいいるんですけど、だいたいが彼女さんと一緒なんですよね~。
でも、今回は4人ぐらいのグループで、全員男性だったので…珍しいなと思って。
土曜の昼は、高木さん、佐藤さん、水橋さんがメインで出るから…その3人のファンなのかなーと思ったりしましたが(^^)

本当は、がっつり公演の感想とかも書きたいんだけど…とりあえずさらっと書きました。
これからちゃんとした記事になるかどうかは、私の記憶と、気分によりますw←


♪ゴールデンウィークに始めた「遙かなる時空の中で5」ですが。
先日のお盆休みをフル活用して、ようやくクリアしましたよ!

アマゾンのレビューを見ると、どんだけ酷いゲームなんだよ…と思いますよね(笑)
まぁ、プレイしてみると分からないでもないかなって感じではありますけど。
でも、私としては、予想よりは酷く無かったかなというのが率直な感想ですね。
以下、ざっくりと感想を書きますので…ネタバレ注意です。

色んな方が仰ってますけど、最近はフルボイスが多い乙女ゲーの中、ものすごくパートボイスでした;
共通ルートの一部と、あと恋愛イベントの半分から2/3ぐらいがボイス付きってところでしょうか。
共通イベントの別に必要無いかなってとこでボイスがついて、
恋愛イベントで、ここはボイスあるべきだろ!って所に無かったりするので…残念でしたね;

あと、恋愛ルートの過程が結構雑です…。
元々ヒロインに惚れてるキャラとかならともかく、最初はツンツンしてたキャラが、一体どの過程でヒロインを好きになったのか、さっぱり分からなかったり…。
特に、高杉。
最初の方の恋愛イベントは、特に恋愛イベントって感じではなく、交流を深めていく、みたいな感じで違和感無かったんですけど…。
あるところから、いきなりヒロインを美しいとか言い出して、え?って感じでポカーンとしてしまいました。
そんなわけだから、結局あまり感情移入できず…最後まで違和感を抱えたままでした。
エンディングも…異世界にいると呪詛の影響で命が尽きるからって、
ヒロインの世界に行けばずっと生き続けられるっていうのは…アウトだろうって感じですね(^^;)

高杉のビジュアルも好きだし、声も安元さんですごく素敵だし…!
何より、恋愛ルート以外のルートで。
ゆきと敵対しそうになるアーネストに、「貴殿は本当にそれで後悔しないのか?」って言ったり、
都に対しても、彼女の本質を見抜いて助言していたり…
他のキャラクターをよく見ていて、面倒見がいいんですよね。
兄貴って感じでしょうか。
キャラクターとしてはとても魅力的で好きだからこそ、恋愛ルートが残念だったのがすごくショックです…orz

他のキャラのルートは…ストーリーとしては、それなりに納得できました。
まぁ、ツッコミは多々ありますが(笑)
例えば、総司のエンディングなんですが…。
新撰組として最期まで生きると決めた総司なんだけど、
最終的には現世でヒロインと再会するんですよね。
総司って死んだはずなんだけど…なんで再会出来たんだろう、とか(笑)

まぁ、そんな感じですね。
高杉以外は、思ってたほど違和感は無かったので、私としては結構満足でした(^^)
青龍組と桜智、それに天海は謎が含まれてたのですが、なかなか良い設定でしたよ…!
桜智は鬼で、傷着せの呪いの話とか…
瞬兄は実は合わせ世の生まれで、合わせ世が無くなってしまえば、消えてしまう…とか。
天海の設定も驚いたなぁ…実は、一番最初、ゆきが異世界に召喚された時点で天海に助けられてたとか…!
あとは大団円エンディングでは、そもそもの元凶となった奴を倒しに行きますからね…。
結果、天海が呪詛に縛られることも無く、現世と異世界は元のまま、そして合わせ世も存在出来るっていう…。
まさしく大団円!って感じでした(^^)

特に良かったのは、キャラが好きなことも含めて、龍馬ルートかな。
最初、龍馬を会った時にゆきが、彼が昔会ったという“お嬢”にとてもよく似ているという話だったんだけど…。
その謎が恋愛ルートで明かされたんですよね…!

龍馬が暗殺される未来を知ったゆきは、時空の砂時計を使って過去に戻るんですよ。
で、暗殺を阻止しようとする。
でも、何度も時空を越えていて、命のかけらも残り少なくって、ここぞって時に時空の砂時計が壊れちゃうんですよ。
砂時計の欠片を1つ持って、時空の狭間を彷徨うことになるんだけど…龍馬からもらった青龍の鱗が、ある時へと引き寄せてくれて。
そこは、さっきまでいた異世界よりも10年前の世界。
そこで、龍馬と出会うんですよね~。
そして一緒に時を過ごすんだけれど、持っていた砂時計の欠片の力がもう無くなってしまうから、もうこの時にはいられなくって、龍馬と別れの時がやってくる…。
その時の龍馬の叫びが、すごく切なかったです…(><)
で、また時空の狭間を彷徨うことになるんだけど、力が安定しないから何処にもとどまれず、すぐに狭間に引き戻されてしまう。
このまま、どこにも戻れないままなのか…って時に、龍馬の呼び声が聞こえて、飛ばされる前の時に引き戻されるんです。
そこでは龍馬が砂時計を直していて。
で、最後の1つが足りない…って話だったんだけど、それは龍馬が持ってたんですよ。
あの時…10年前の時空で、ゆきが龍馬に、「私がここにいた証は、これだけだから」って渡した、あのかけらだったんです。
つまり、龍馬のいう“お嬢”は、10年前に飛ばされたゆき自身だったという…!
遙か3をプレイしていればある程度予測は出来たと思うんですけど…驚きましたね~!
しかも、お互いが持っていたものを渡した結果、2人を再び繋ぎ合わせてくれたっていうストーリーの持っていき方が、すごく好きですv

あと、そのイベントのすぐ後のスチルは、龍馬がゆきにほっぺちゅーするっていうものだけど…
あれは本気で反則…けしからんです!!
萌える(>▽<)v

ゆきが砂時計のかけらを過去で龍馬に渡してしまったのだから、未来で最初に時空の砂時計を使った時、既に時空の砂時計は欠片が1つ足りなかったんじゃないか、って話になりますけど…。
それは、遙か3で花断ちを最初に教えたのは先生なのか、望美なのかって言うのと同じ問題ですよね。
時空移動すると必ず発生する、タイムパラドックス…考えて行くと、なかなか深いですよね~。

そんなわけで、龍馬がキャラクター、ストーリー共に1番好きですねv
お嬢って呼ばれるたびにきゅんとするし…v
アーネストもキャラ・ストーリー共に良かったですけどね!
ただの紳士じゃなくて、腹黒いってとこが良い…!←
あと、マイケルさんの英語発音が素敵すぎて、ときめきましたv

戦闘システムはエンカウント式だから必ず戦わなければならないのを除けば好きな時に戦闘出来ますし、
怨霊を封印して武器の攻撃力をあげるっていうのは面白かったです!
RPG好きで、戦闘も好きな私としては楽しかったです♪

で、結論としては、遙か5は万人受けするゲームじゃないってことですね。
きっと、歴代の遙かをプレイしてきた人こそ、厳しい目になるんじゃないかと。
今まで色んな乙女ゲーをプレイしてる人から見ても、ちょっと問題点ありすぎですしね…。
あと、たぶん史実&本物の歴史人物像を知っている人ほど、遙か5のキャラには違和感があるんじゃないかと思います。
これは何人かの方がレビューで書かれてましたけど…。
龍馬が土佐弁を話さないことや、総司が八葉としてゆきに付いていくために、局中法度を犯したことが、あり得ないと。
それほど日本史に詳しくないですし(←)、創作なので…私は特に違和感は感じなかったんですけどね。

私はストーリーや設定もなかなか良かったと思うし、キャラクターも好きでしたv
結局、キャラに萌えて好きになることが出来れば勝ち、なんじゃないかなと思います(笑)
きっとキャラを好きになれた人は、私と同様にゲームを楽しめたんじゃないかなと(^^)

私は結構、【時空を遡る】っていう要素が好きなんですよね。
今回の5でも、一度時空を遡って、キャラによっては恋愛ルートで更にもう一度…だったりします。
時空を遡るのは、遙か3が初ですが、切なくもあり、とてもドラマチックで衝撃を受けました。
それで私は遙か5をプレイして、“遙からしい”と思ったんですけど。
それに対して、いつからその要素が“遙か”になったのか、っていう方もいて。
確かに、100万人の遙かをやってると、これこそが元祖であり、“遙か”だなって気もするんですよね…。
何を以て、“遙からしい”とするのかは、なかなか難しい問題のような気もします…。

ざっくりとか言いつつ、かなり長くなりましたが(笑)
本当は個別でイベントとかに言及していきたいんだけど…そこまでの元気があるかどうか…←
ということで、これも別記事であげるかどうかは、私の気力次第ですw


♪今までイベントで、朱雀組のデュエットや、アーネストのキャラソンを聞いてたんですけど…。
当時はそれほどキャラに詳しくなくて、良い曲だなとは思いつつも、それ以上ではなかったんですよね。
けれど、ゲームをプレイしてみて、改めてキャラソンを聞きたくなりましたよ!
特にアーネスト…!
去年のスタクリでキャラソンを聞いたんだけど…
あの時にもし遙か5をプレイしていたら、もれなく私はキャラソンが来た時に、
アーネストぉおお!!とか全力で叫んでたに違いないw←

とりあえず、そろそろ今まで参加したイベントのDVDを、新しく買いたいと思います…!
スポンサーサイト

徒然ネオロマンス。

♪うわ~、やっと感想書き終わった…!!
やっぱり、公式でセットリスト公開するの待つべきじゃなかったわ、うん。
その間にどんどん飛んでくんだもの…!

まぁ、実際書いてみて、すげぇ俺得な内容になったけどねw
主観的すぎるのは言うまでもなしw
いいよね、どうせ私の記憶留めておくための場所だし、ここ!←

トークの内容とか、断片的に記憶はあるんだけど…。
誰が言ったとか、なんか日本語にならない記憶なので、書くのやめちゃったしね(汗)
マジで、片っ端からレポート書いてる人がすごいと思う…!!

あー、色々と記憶が吹っ飛んでてすげぇ残念すぎるorz
なんで1番肝心なとこを覚えてないしw

でも、楽しかったよやっぱり!!
ネオロマ最高!!
あれを味わっちゃったら、また行きたくなっちゃうんですけど…!!




♪そういえば、他の方が書いた他公演の感想とかも読んでみたんですけど…。
18日の昼のトーク、カオスだったらしいですねw
ちいちとみっちゃんがやらかしたw
メンバーに、この2人がいる時点で危険な予感がしてたけどw

ちいちはほんとにギリギリの発言だったらしいなw
回答が、もよおすとか、生でやる(←演奏の話)とかww
(詳しい内容は他の方のレポ見てくださいね^^)
ちょっ、それはないだろww
特に後半ww
岩永さんだっけ…?に、「ネオロマ三原則!!」って言わせちゃうぐらいで、
司会の久遠さんは、「イベントを10年で終わらせたいんですか?」(*怖いくらいの笑顔で)
的なことを言ったらしい。
そりゃあそうだよww
暴れすぎだよね、それww
でも、そういう反応をした面々に、「えー、深読みしすぎじゃないですか~?」ってばっくれたらしいww
いや、これは普段の所業の数々のせいだよね、確実に(笑)


ネオロマ三原則って実際に聞いたこと無いけど、おそらくそれのうちの1つは下ネタ禁止、ってことだろうね(笑)
まあ、私的には出てきても別に驚きはしないけどさ…←
今どき、ほどほどの下ネタでビビるほど女子は弱くないとは思うんだけど…
まあ、ジャンル上それはアウトだよねww

ちなみにみっちゃんは、回答の時に3(←三択肢)って答えたらしいんですけど、
それを90度回すとおっぱい!とか言ったそうで。
ちょ、それも十分アウトだろうよww
→ちなみにこの発言に、神奈さんも乗りかけてたんだとか。
どうしちゃったの、神奈さん…!!
神奈さんはそんな人じゃなかったはず…!←

でも、意外とカオスで面白そうだなと思っちゃったんだけど(笑)
土曜日は安元さんもいて、しかもカッコよかったそうで…!
めっちゃ見たいなぁー!
ちゃんとDVDに収録されることを願ってる…!
…あ、でも下ネタな内容の場合、そこはカットされちゃうんだろうか…?(笑)



♪あと、遙か5の発売について。
まぁ、当然賛否両論ですよね。
あ、でも批判の方が多いかなぁ。

新作で新キャスト発表っていう話でしたから、てっきり全く別で出てくると思ってたのに…。
まさか、遙か5なんてね…。
他のシリーズ(アンジェとかネオアン)はほったらかしなんかい!っていうツッコミもあるのですけど。
…だって、明らかに偏り過ぎでしょう?
アンジェはもう、何年も新作出てないのに。
あと、ネオアンもまたCDとか出してほしいと思うし、私は!
ほんと、切実に出してー!と願ってるんですけど。

遙かの新作が出るのは嬉しいんだけどさv
でも、キャス変はやめた方が良かったと思う…。
同じような世界観にしても、せめて遙かの名前を冠してるんだから、同じキャストでないとねぇ…。
だったら、ネオアンみたいにアンジェと別扱いにすれば良かったと思うんだが…。

新キャストさん&新キャラはすごく魅力的だと思いますよ!
個人的には地玄武を安元さんがやって、しかもビジュアルがかなり好みなので嬉しいんですけどねv
それでも…やっぱり遙かをやってきた人間としては、複雑だなぁと。
前作のキャラや声優さんも出てくるらしいですけど、でも…。


ネオロマに新キャストさんが増えることについても、たぶん賛否あるんじゃないかと。
ちなみに、ラブサミットの時、私は複雑でした。
イベントに知り合った時点では既にネオアンまでは出てたので、そこからのスタートだったわけですけど…。
ネオロマファミリーが増えるのは嬉しいことだけれど、
そうやって増えていくことによって、前までのキャストさんの扱いが疎かになっちゃうんじゃないかってずっと思ってたから。
…今でも、イベントとかではオンリーではない限り、けっこう固定化されちゃってますしね…。
うーん…。

まぁ様子見って感じでしょうけど、なんだかんだ言って慣れちゃうタイプだと思います、私は。
ロビーで遙か5のビジュアル見たときに、面白そう!って思ったのも事実ですし。
こうして、コーエーの戦略に嵌まってくんだろうなぁ…(笑)

あ、以下遙か5のキャストです。

蓮水ゆき役:高橋美佳子
桐生瞬役:寺島拓篤
坂本龍馬役:鈴村健一
チナミ役:阿部敦
沖田総司役:岡本信彦
小松帯刀役:立花慎之介
福地桜智役:竹本英史
アーネスト・サトウ役:四反田マイケル
高杉晋作役:安元洋貴
八雲都役:斎賀みつき
桐生崇役:下野紘
天海役:諏訪部順一


これ見て、1つ思ったことがあるんだけど…。
ちょっと気分害される方もいると思うので、自己責任において以下反転でお願いします。

遙かオンリーだと主人公として川上さんいらっしゃるじゃないですか。
でも聞くところによると、それってファンにはわりと不評らしいのね。
(私は川上さん大好きだけど…!)
だから、何かしら考えてたんじゃないですかね、会社側は。
そこに、このキャス変(しかもヒロインもだし)。
ちょっと、もしかして、それで…?って思っちゃったんですけど。


遙か4の売上があんまり伸びなかったらしいですし、
シリーズもたくさん出てますから…そろそろにマンネリになってきた頃だとは思うので、
それで一新する、っていうこともあるかも、とは思うのですけどね…。


新しい試みするのって大切だとは思うけど、
いずれにしてもファンとか声優さんとかのことも大切にしないといけないよね。
っていう話。

…なんかブルーな話になっちゃったじゃんか、バカ!!←


あ、どうでもいいですけど、イベントに関して最近思ったのは。
うちが好きな声優さんは、けっこう出る割合が多いので嬉しいなぁってことですねーv

その時によって好き度が変わったりしますが、基本はこんな感じ。
・アンジェ→みっちゃん、成田さん
・遙か→ちいち、中原さん
・コルダ→イトケンさん、森田さん、夕夜さん
・ネオアン→広樹さん、大川さん、平川さん
ほとんど、オンリー以外でも拝める人ばかりですからね~。
逆に、遙かで言うと石田さんとか、なかなか見れない人が好きな友人は嘆いてました(汗)



♪PSPで「遙かなる時空の中で4 愛蔵版」の発売が決定しましたね!
まだ4は未プレイだったので買いますv
やっぱりPSPは楽でいいよ~v


あと、「バラエティDVD 金色のコルダ~primavera~トリプルパック」が出てたんですけど。
これも見たかったんだよな~!
値段も3枚組で8000円ちょいだから、意外と安いよな~って。
お金があったら買うかもv
…そういや、昔買うのを見送ったネオアンの「大陸祭日」も見てみたいかも!
…欲しいのありすぎて困るorz




♪そう言えば今日の朝、夢で久遠さんがネオロマイベントの司会をやめるっていう夢を見た気がする。
…なんでこんな夢なのかw
でも、ミスター・ネオロマンスは久遠さんだけなんだから!!
司会は久遠さんじゃなきゃ嫌だと思う!!
けど、今回のもう1人の司会だったDJ西尾さんもけっこう良かったと思うんだよな~。
オンリーとかだと、メンバーによっては暴走しすぎて収拾つかなくて大変になりそうだし…(笑)
2人いてもいいかも、と思っちゃうんだけど、どうなんだろうね?





なんだかんだで書き忘れてましたが。

♪今日バイトから帰ってきたら、GAMECITYから荷物が届いてまして。
あぁ、そういや9月初めぐらいにチケット届くんだっけ?と思いだしました(笑)
色々と忙しくて、すっかり忘れてたんだよね~←

というわけで、
「ネオロマンス・イベント ”10 YEARS LOVE” 横浜 9/19(日) 夜の部」
に参加します!!
優先販売でSS席が当たったんですが、すぐには分かんないからね…(汗)
どの辺の場所なのかずっと気になってたんですよ~。
そしたら、今日グッズの事前予約と一緒に入っててさ。
今までSSだったこと1度も無いのでよく分かんないんだけど…
良い席だと思う!!
4列目の下手側とセンターの間だから、結構見やすいんじゃないかなぁと思うv
今までは結構遠かったから…どれぐらいの距離なのか、当日まで楽しみです♪



♪知らない間に、コルダ3のヴォーカル集第2弾が発表されてましたね!!
「金色のコルダ3 旋律は深く甘美(あま)く」
スクールシリーズのソロ曲と、新曲で千秋&土岐、律&大地のデュエット、
それからハル&新&七海君の1年生トリオソング、それから冥加と八木沢さんのソロだったかなv
これで、いちおう攻略キャラ全員が歌ったってことになるのかな~。

1番気になるのは、やっぱり1年トリオでしょうよ!!
ハルと七海君も、ちゃんとソロパートあるんだよね?
あると思っていいよね!?
無かったら泣いちゃうからね、あたし!←
1年組大好きなので、楽しみですv

…つまり、今のところ買う予定ってことになるわけだが(笑)
律と大地のデュエットも楽しみなんだよね~v
あと、冥加氏のソロ。
タイトルが「疾風怒濤-MEIN HERZ-」なんですよね。
見たとき、ああ、ドイツ語だ~って思って。
(彼のヴァイオリンの名前、シュトゥルムもドイツ語ですしね~)
HERZの意味を独和で調べてたら、心臓って出てきて。
そういや、イベントで小日向は俺の心臓だとか言ってたよな~って思ったから納得だったんですけど…。
下の方に、愛する人とかそんな意味もあって。
猛烈にきゅんときましたvv
これは良いフラグだvv

あと、ジャケット絵が部長組なんですが。
友人Yに添付して送ったら、「千秋に瞬殺された~v」ってメールがきまして。
「ごめん、私は八木沢さんの微笑みにやられたよ!」
って送ったら、「うちらって分かりやすいね~」って戻ってきました(笑)
まぁねw
私は至誠館、友人は神南ラブですからねv
すごく単純で分かりやすいわ(笑)


公式サイトオープン。

♪あれだ。
やること多すぎて頭パンクしそうorz

試験期間が迫ってるので、試験勉強とかやらんといかんのですよ。
レポートとかもモリモリあるしさぁ。



ところが、さっきYahoo!メール開いたら、コーエーからメルマガ来ててさ。
ほら、噂に聞いてた9月と10月のイベントについてのキャストさんが発表されてたのよ。
今はもう公式サイトも出てますけどね!
ネオロマンス・イベント"10 YEARS LOVE"っていうタイトルらしいんだけどさ。

てっきり、普通にイベントやるものだとばかり思ってたんだけど…そうでもないようで。
今までのイベント振りかえるみたいなんですよね。
うちは過去3回しか行ってなくて、ネオロマの歴史に比べたら微々たるものしか関わってないんで、
どうなんだろう…?とか思わなくもないんだけどさ。
DVD見てればいいけど、さすがにそんなに全部とか見きれるわけもないし(汗)
ドラマパートとかライブパートとかもやるのかなぁ。

次のイベントには、ちょっと宿泊でっていうのも有りかな―とか思ってたんだけど…
うーん、どうなんだろうか…。

なんだっけ…。
フェスタ10(?)とかでも、昔の公演を振り返るっていう感じのはやってて、あれは結構面白かったな~とは思うのだけれど。
…まぁでも案外、行ってみたら面白かったりとかするんだろうなぁ、ネオロマだし。(笑)



それはそうとして、日によってのキャストさんのバラけ具合がすごいんだけど。
(私的な好みって意味で)
見たい人を以下挙げてみると、
・アンジェリーク
→小山さん、森川さん、立木さん、成田さん
・遙か
→(基本的に)関さん
・コルダ
→(できれば)全員
・ネオアン
→広樹さんが1番の目的だけど、(ぶっちゃけ)全員
っていう感じに…←

まぁ要するに、基本的に見たことのない人と、好きな人は見たいってわけなんですよねー。
特にアンジェとネオアンは実際の公演で見たことない方が多いですし。
でもぶっちゃけ、各公演でのバラけ具合を見るとマジでムリ。
選べるとかいうレベルじゃないもん…!
誰を優先させるか、これに尽きそう…orz
さらにそれぞれの公演で、振り返る過去の公演も違うので、
もし自分が参加したことのある(またはDVDで見たもの)があるところを…って考える始めると、マジでキリがなくなるわけでww
私にどうしろと?ww

まぁ、今の私のテンション的にはコルダがぶっちぎりで優先されそうなんだけど…
友人との兼ね合いもありますし、まだ分かんないかなぁ。

てか、星奏学院祭3を振り返り、なおかつコルダ組3人ともが出るのが18日なんですよー。
なのにね。
さっき、大学で掲示板みたいなのを確認したら、18日に集中講義が入ってましてね。
17日もなんですけど…
最初見たとき、やべぇ、確かその辺ネオロマのイベントじゃなかったっけ!?ってすごく焦ったんだけど…
一応、1日だけだったのね、被ってるの。
でも、1番行きたいかも知れない公演が行けないとか、無いよorz
くそったれ!とか叫びたくなるぐらいにはショックでした←
うぇぇ…(涙)

まぁ、まだ諸々未確定な要素が多すぎるので不明なんですけどね。
世間のネオロマンサーの皆さんは、どう考えてるんでしょうかね…?




・余談ですが。
昨日、学院祭2のDVDを見始めまして。
最初のOPの、蒼穹ののスコアだけ見ようと思ってたのに…
ついつい面白くて、10番目の学院祭狂騒曲後編まで見ちゃったしw
結果、寝たのが2時半過ぎ。
なので、今眠いです。(←早く寝れ)

学院祭を見てて、(特にコルダの)ドラマパートは、突っ込んだら負けなんだって実感しました(笑)


期待と不安、両方かなぁ。

♪真面目な記事書いた後に、やっぱり趣味の話に入ってしまう人。(笑)

昨日、唐突にコルダ3をまたやり始めました(^^)
まだ出てないイベントがあってね。
冥加のやつ。
あと、曲で天音のが出てないかなー。
けど、この2つって同時には無理なんじゃないかなーと。
だって、音楽の方は天音をだれも攻略してないときに出てくるやつなんだもの。
…またもう1周するとか、ちょっとめんどくさい気も…←

まぁでも、やってると楽しいな~って思うよ(^^)
やっぱり星奏いいよ、星奏。
律には、ものすごくつっこみを入れたくなるけど(笑)
今、東日本大会の説明会終わった後ぐらいだったかなぁ。
今回は(主に星奏のターンでは)ちゃんと飛ばさずに聞いてたセリフもあるので、あー、こんなこと言ってたっけ?ってのがいくつかありましたねー。
至誠館も、ちゃんと聞こうと思ってる!
やっぱり至誠館が1番好きなのは変わらないかなーとv


あ、そういえばもう今月ですよね?
SSの神南と天音が発売するの。
キャラソン担当が土岐と天宮なので、友人はうはうはしてるだろうなぁと思いつつ(笑)
特に中の人的な意味で石川さんは前作からキャラがけっこう変わったと思うので、どんな感じになるのか楽しみです♪



それと、(唐突に)星奏学院祭2のDVD買っちゃいましたv
学院祭3の発売が8月11日らしいんだけど、とてもそれまで待てる自信が無かったので。(笑)
どっちにしろ、2は買うつもりだったしねv
レビューとかセットリスト見ても面白そうだったし♪
見るのがすごく楽しみです!
てか、早ければ今日にでもちらっと見てるかも(笑)



♪あと、色々とネトサフしてアラモ4の感想を見たんですけど。
面白かったみたいですね~v
浴衣で参加(キャストさんも観客の人も)とか、色んな意味で羨ましい…!

何より驚いたのが、新シリーズの製作が決定したってこと!
今回のアラモ4では、キャストのみの発表だったそうです。

*以下の情報はネトサフによる情報なので、本当かどうかは定かではないです。
あしからず。
あくまで参考までに、ってことで。


【新シリーズのキャストさん】
高橋美佳子(ヒロイン)
寺島拓篤・阿部敦・鈴村健一・岡本信彦・竹本英史・四反田マイケル
安元洋貴・立花慎之介・下野紘・斎賀みつき・諏訪部順一

だそうです。
…なんだか、結構有名どころをキャスティングしてきたな~って感じですかね?
結構、若い人が多いような気が。

個人的に期待してるのは、寺島さんと下野さん、斎賀さん、あと諏訪部さんですかね!
寺島さんはアクエリオンのアポロ役で気になったんだけど、
実は他の作品ではあんまり聞いてないんだよね。
でも、だからこそ、楽しみといいますかv
そして、何よりも安元さん!!
心の底から来てほしいと思ってたからすごく嬉しいんだけど!!
どんなキャラをやってくれるのか、ワクワクですv
あの素敵ボイスをネオロマで聞けるなんてv
しかし…やっぱり東地さんは来なかったか…(汗)
まぁ、なかなかキャスティングされはしないだろうとは思ってたけどさ…。
期待してたのにな…orz


あと、今回はヒロインが既に決まってるってのが、色んな意味で注目かもしれないね。
新しい取り組みなのか…?
私としては、プレイヤー(自分)=ヒロインでは無いっていう前提でいつもやってるので、
ヒロインに声が付くってのは嬉しいことかもとも思いますねv
今までもプレイしてて、何度ヒロインボイス付いてほしいと思ったことか…!
美佳子さんっていうと、うち的にはエレメンタルジェレイドのレンのイメージが大きいかなぁ。
どんなヒロインになるのか楽しみやもv

まぁでも、なにぶん新しいことだから…不安が無いとも言い切れないんだけどね。
これ以上、ネオロマとしてのキャストさんが増えることに抵抗があると言えばあるし…。
(オールジャンルのイベント時に、ごちゃごちゃになりそうで不安だから。)
けど、いずれにしろ作品としては進むだけしかないんだから、そういう批判とか諸々を乗り越えて製作していかなきゃ、どっちにしろ未来はないんですけどね。


それにしても、まさか新シリーズが来るとは思わなかったなぁ…。
もし作るのなら、コルダ3続編あたりだと思ってたから。
(あと、希望を込めてネオアンの続編を期待してた。)
何にしろ、どういう行く先をコーエーが見てるのかが楽しみですね(^^)
期待を裏切らないものを作ってほしいと思います。




♪あと、BS11でヘタリアが放送されてるのを録ってあったので、見ました!
今まで見てたのが携帯か、パソコン(そんなに動画自体が大きくない)だったので、色々と新鮮でしたね~。
最後のスタッフロールで、ちゃんと文字が読める大きさだったことに、ちょっと感動した…!(笑)
あと、やっぱりルート好きですよルートv
安元さん良い声だよ…!!
素敵ですぜ!
第2とかも(て言うかむしろ全部)放送してくれると嬉しいなぁ…!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。