スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオロマンス・ステージ 遙かなる時空の中で 舞一夜

♪舞台版の舞一夜、友人に借りて見ました(^^)

そうですね…。
これは多分、人によって好みが分かれるんじゃないかなぁと思う。
ていうか、原作を知ってる人にとっては舞台・ミュージカルは総じてそういうものだろうと思いますけどね。

私は映画版の方を劇場で見て、DVDも買ったんですけども。
このアニメの映画版と「あえて比較する」のであれば、やっぱり映画の方が良いかなぁ、とは思いました。

映画の方は、なんていうか…やっぱり、アニメでしか表せないものがたくさん入ってたと思う。
映像もそうだし、音とかも、ほんとに京って感じがして…。
全く音がないのと音を入れるのでも雰囲気は相当違ってきますし。
ましてや、舞一夜はあかねが自分がなぜ神子なのか、っていう葛藤と、
神子ではない“自分”を必要としてくれた季史さんへの恋を描いたものなので、
音・映像・声を総合して醸し出される雰囲気全てがこれらのテーマへとほんとに合ってるなって思って。
だから、私の場合、舞台の舞一夜は映画基準で考えてるんですよね。
それと比べるとどうか、っていう。

その点でいくと、やっぱり舞台よりか映画の方が雰囲気あるかなーっというのが素直な感想です。
台詞回しでも、キャラによっては、(あれ?このキャラってこんな事言うっけ?)とか、
ここはもう少しSEまたはBGMだけにした方が良いんじゃ…?とか、
この場面の演出はもっとこう光があった方が良いかも、とか…
気になる点がわりとあったので。
滑舌も時々良くないときがあったかな。
あと、やっぱり「空白」があまり無かったのが大きいかなぁ。
舞台見てる最中に、漠然と何か足りないなぁ…と思ってたんだけど、何か分からなくってね。
舞台版見た後に劇場版見直しててピンときましたね。
映画はわりと、余韻とか考えてる時間、あと自然の音だけが聞こえるとか…必要な「空白」があったと思うんですよ。
「静と動」っていうのかな、それこそ。
こんなこと考えてるのかな~、とか、切ないなぁとか、見てる側が感じる時間ですね。
それがあってこそ、あかねに感情移入したり、世界観に入れたりすると思うので。
舞台って言う性質上、なるべく間は空けちゃいけないってのは承知してるので、
演出上のことでもあるとは思うのですけど…BGMとかセリフの間とか、もう少し欲しいなってとこが結構ありました。





…まぁ、そうは言っても、それは「比較」した場合の話であって。
舞台版の舞一夜ならではの良いところはたくさんありました(^^)

殺陣はカッコよかったですね~!
頼久さんや鷹通さん、天真はたくさん動いてましたし!
泰明の陰陽術もカッコよかったv

ストーリーでお気に入りの場面はいくつかあります。
まず、OPで八葉が戦ったあと、全員舞台前で決めて、
背景に「遙かなる時空の中で」っていうロゴが出るところはすごい良かった!
あの時の音楽とかカッコいいですしv
次に、チャプターで言うと「22.迷い子の希望」ですね!
あかね役のはねゆりさんがソロで歌って、そのあとサビで季史役の木村さんが入ってデュエットになるんですけど…
その歌がすごく素敵なんです!!
はねゆりさんのあの声は綺麗で澄んでますし、木村さんも上手で。
歌詞もリズムも切ないけど、それがまた良いんですよね~v
あの歌はほんと大好きです!
3つ目は、あかねと季史さん関連ですかね。
古寺に2人でいるところとか、あかねが季史さんの招待を知るところ、
怨霊化した季史さんを見てあかねが衝撃を受けるところとか…。
一連のあかねの心の動きがすごい表現されててね、すごく素敵でしたv
あ、最後の方の浄化しちゃうとこなんか切なすぎましたね…(涙)
あれは名シーンだと思います。
最後に皆で京を見渡せる丘へ行ったとき、風が吹いて桜がぶわぁ~ってなったとことか演出素敵ですしv
雰囲気出てました!
あとは…イノリがミトコンドリアとマイブームを間違って認識してるとことか、
天真がイノリに、ネバーギブアップをわざとネアンデルタール人って教えるとこが好きですv

キャラ的なことをいうと、皆合ってたんじゃないかなーと思いますv
私は天真好きなので、それを含んでますが…
やっぱり中村誠治郎さんの天真はほんとにカッコいいですv
惚れますvv
戦闘シーンも素敵でしたしね~v
特典のトークショーで27歳と知ったときは、うそぉ!?って思いました(^^)
鷹通さんもまんまな感じでしたね~v
根本さん男前で素敵ですぜv
あと、はねゆりさんやっぱり可愛いですねv
やまだまいこさんの小天狗ちゃんはそのまんまって感じでした!
女性陣は皆可愛く、男性陣はカッコよかったですv

オリジナルキャラの怨霊さん、邪紅妃はカッコよかったですv
姐さんと呼びたくなります(^^)
惨魏もいいキャラで好きだったなぁv
舞一夜本編としては、あのコメディ具合はどうかと思ったけどね(笑)

あとは、映像特典はやっぱり良いですね…!
トークショーで、キャラをシャッフルしよう!ってことで、
頼久役・成松さんのあかね、友雅役・寿里さんの詩紋は大爆笑でしたv
お、おもしろすぎる…!!
訳分かんない感じが最高ですw
稽古の雰囲気とか、あと舞台裏も面白いですよね、見てて!
ブリミュDVDのときもそうだったけど、舞台裏ってキャラではない、役者さん自身が見れるのですごい好きですv
和気藹々とやってるとことかねv
むしろ私はこれを見て、役者さんとして、遙かキャラを演じたキャストさんが好きだな~って思いました(^^)
寿里さんがなぜかオネエキャラになってるのがすごいうけました(笑)
そして、それにつられて(?)成松さんとかまでなってて、
どこぞのバーですか、ここは!?って感じのがすごく好きでしたw




まぁそんな感じで、舞台は舞台として楽しめたかなと思います(^^)
キャストさん面白くて素敵でしたv
スポンサーサイト

紅の月・八葉抄感想

♪さっき、NHK第二で「遙かなる時空の中で3~紅の月~」を放送してたので、DVDにとりつつ見てましたv

うちは前にニコ動で見たので内容は知ってたんですけどね~。
あと、これは小説版が原作だそうですが、その小説も持ってるので。

で。色々と感想いきたいと思います。
ゲーム版と比較もしてるのでネタバレ含むので注意。
まず、マイナス面。
・ニコ動でも言われてたことだけど、裸祭り多すぎ・・・orz
 そんなんなのに、NHKで放送していいのかなぁ・・と思ってしまったw 
 OPの望美と将臣はいいとして・・・そっから先はどうかと。
 ネオロマンス系はノーマルだったはずですけどww(笑)
・時々作画&色つけで気になるとこがある。
・作画と関係することだけど、炎に包まれるとことかの姿勢に癖がありすぎる。
 とくにヒノエ(笑)
 あれはどうしても笑いが・・・ww

ってとこですかね~。

次、プラス面。
・やっぱり、基本的な作画は素敵に神。
・監督が篠原さん、脚本が山田さん、キャラデザがつなきさん、
 音楽が平野さんという、舞一夜組。
  →よって、色々と舞一夜みたいに神的なとこがある。
    似た部分っていうと、やっぱり夜の場面とか雰囲気が似てるね。
・キャスティングは言うまでもなく神。
 特に望美役の川上さんはうちにとってネオロマンスの女神だと思ってるv
・望美の可愛さとカッコよさははやっぱりハンパないv

ってとこかな~。
感想としては、九郎さん・譲君・景時さん・リズ先生は、ゲーム版で出てくるそれぞれの秘密的なものがほとんど出てきませんね~。
景時さんは別で呼ばれたから、ある意味一部は出てますけど・・・肝心なとこはでてないし。
将臣は還内府、ヒノエは熊野別当、弁慶さんは平家に味方する、敦盛さんは怨霊(はっきりとは言ってないけど)ってことが明かされてるから。
まあ、九郎ルートだと確実にずれるし、明かされてない他の3人でもそうなっちゃうのでしょうがないかもですが・・・。
でもこうして見ると、そうとう各ルートで分かれるんだなぁ・・・って改めて思ったね。

そして何より、映像+音声で見ると、1周目のルートがいかにハードな内容かってのがよく分かるね。
OPの始まりから既に泣けそうになってたけど、吉野で野盗に襲われるとことか、先生が・・・!ってとこはもうヤバイですね・・・(涙)
なんでこんなに運命って残酷なんだろうって思うよ、ほんと。





♪そして、昨日。
天真のハピバのためにモチベ上げようって思って、整理がてら八葉抄見てたんですよね~。
やっぱり、初代遙かって神だと思った。
というか、少なくともアニメ版は、って感じだけどね。
あたしはゲーム版は一切やってないから。
で、そのアニメ版の感想です。
昨日は8話の「鬼憎みし焔」から最後まで見ちゃいましたvv
うちがとってたのは6話からなんで、それ以前のは抜きますけど個人的に好きな話はというと。
13話「心、解き放て」
16話「贖罪の日」
18話「四位の侍従と茜姫」
20話「貴方に授かりし光」
25話「天雲の別れ」
26話(最終話)「遙か、君のもとへ…」
のあたりですかね~。
ぶっちゃけ、全部素敵なんですけどね!
でもやっぱり、最終話付近の話は素敵だなぁと思うね。
八葉抄のキャラデザをやってた小谷杏子さんと大貫健一さんの絵はすっごい好きだったんだよね~vvv
まぁ、気になるとこもあるけれど。
OPの絵とかすごい好きだったvv

ですが、改めて見直してて色々と疑問点が・・・。
特に最終話付近。
ひょっとしたら、ゲームやれば解消されるのかもしれませんが、設定的によく分かんないとこがあって。
3とつながるとこがあるかもしれませんけどね。
【疑問点】
・あかねの最初の願い(あの人の所に帰るんじゃないやつ)はいったいなんだったんだろう?
 皆(アクラムとかも含めて)平和に・・・ってことだったのかなぁ。
・龍神を喚ぶとなんで消えちゃうのか。
 →これは3にも通じることですが、そういう設定なのか。
・上のと関連して、黒龍喚んでもそうなっちゃうのか。
 アクラムとか、あかねと一緒に消えそうな雰囲気だったし。
・最終話EDで最後にあかねが出てくる前に赤いスカーフ(か布)が舞ってたけど、
 あれはいったい誰のなんだろう・・・?
 きっと、関係ある人だと思うんだけど。
 うちの予想だと、なんとなくアクラムの服の一部かなぁって感じ。色的に。
・シリンとアクラムってどうなったのかなぁ・・。

ってとこですかね。
もともと八葉抄は漫画を原作としてたそうですが、最後は展開変わってるんだよね。
よく見比べてみると、漫画であったところもアニメ版では変わってるし。
最後のほうは、なんとなく都合よくまとめた、って感じもしなくもないですが・・・。
でも、遙かだから、って言葉で片付けれちゃうぐらいにストーリー的には素敵だと思いますvv




とか、色々遙かについて考えてましたよ、昨日。
けどやっぱり、遙かはネオロマンスでは1番の良作かなぁ~って思う。
ネオアンも好きですけどねvv
シリーズの出具合と、ゲームをやってるというのと、内容の深さとか切なさからすると…今のところ、ね。
ゲームやると、相当見方が変わると思うんですけどね。
もともと、某友人に八葉抄のアニメの話を聞いて遙かにはまって、
そこから私のネオロマンス人生(←)が始まったからね~。
やっぱ、1番最初にはまったのって存在が大きいと思うの。
そのせいもあってか・・・キャラ的には、多分天真が1番好きだし。遙かだと。
鷹通さんもやっぱり好きですがvv


余談ですが。
上の感想でネオロマンスの女神だと言った川上さん。
あかねと望美では性格も、置かれている状況も違うので当然なのだけれどね、これは。
声・・・っていうか、映像+雰囲気でみせるものがぜんぜん違うよね~。
あかねは、ほんとに天真爛漫な感じ。
もちろん望美もそうだけど、それと戦を通して得る強さとか重さとかも感じてて、やっぱり少し大人に見えるのね。
遙か主人公は可愛さも強さも持ち合わせてるけど、やっぱり背景によってキャラが変わってくるの。
そういう風に、演じ分けができてて、あかねの天真爛漫さ、望美の運命を切り開く強さがすごく伝わってくるのは本当にすごいと思う。
だからこそ、うちにとって川上さんは特別な人なんだよね~。
ということで、ネオロマンスの女神、でしたvv

そんでもって、ネオロマンスシリーズには、ロマンスの神様がほんとにいると思いますvv
改めて実感しましたvv

tag : 遙かなる時空の中で3 紅の月 遙かなる時空の中で 八葉抄 感想

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。