スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルーツバスケット。

♪昨日、なぜか唐突に「フルーツバスケット」読みたくなりまして。
読んだのですよ!

…やっぱり、フルバは神だと思う。


知らない方のために、最初の冒頭だけ説明しておきますねv
・訳あってテント暮らしをしていた主人公・透が、
ひょんなことから由希や紫呉・夾たちと暮らすことになる。
そんな、彼ら草摩一族は十二支(+猫)の物の怪に憑かれていて、その動物に変身してしまうという秘密があった…。
っていう感じの始まりですね~。
そこから、どんどん草摩の人たちが現れて、交流していくんです(^^)


フルバは、今まで読んだ漫画の中で1番大好きだな~。
なんていうんだろ…表現しづらいんだけど、全体的に優しい感じがすごく好きv
じんわりと胸に来る感じかな?
それぞれ痛みを抱えてるんだけど、出会いとか色々なことを通じて変化していく心や、
人と人との関係を描いてるとこがすごく素敵v
それなのに、コメディなところもたくさんあって面白いんだよね~!
あと、それぞれのキャラの言い回しとか説明が、すごくピッタリ合ってる感じがするんだ。
雰囲気がすごく伝わってくるというか、ほんとにこの場面のこのセリフは合いすぎて素敵過ぎるって思うものがいくつもあるし!
というか、フルバは名言がありすぎると思う!!



出てくるキャラ皆個性豊かで好きなんだけど、やっぱり主人公の透の存在がすごく大きいんだけどね~。
いい子すぎるんだもん、透。
ほんとに優しくて、でも天然で可愛いんだよねv
高屋先生も言ってたけど、この子がメインじゃなきゃダメだったってぐらいだもん。
あとはなんと言っても夾君だなぁ~。
1巻からずっと好きだったもん。
ほんとは優しいんだけど、あの不器用な感じとかすごく好きv
最終巻周辺読んだあとに1巻読んでみると、ああ、こんなに大きくなって…!って、彼の成長ぶりが伺えますよ!(笑)
ファンブックの投票でも1位だったように、やっぱり王道カップルだと思うね♪



フルバはどの話も素敵なのばっかりなんだけど、いくつか挙げますと。
・23巻の最終話(136話)
新たなる旅立ちで、切なさもありつつでもそれぞれ自分の道を踏み出していくっていう。
由希が初めて「透」って名前で呼べたってのも感動的だったし…!
・6巻の33話
私はコミックス派だったので、あの秘密は知らなかったんだけど…
某友人が衝撃的だったらしく、拡大コピーをしてくれたんですよね、その秘密が分かるシーンを。
…私も同じく衝撃受けましたよ…。
でも、あれが2人の始まりだったのかなぁとかも思うんだよね。
夾君の気持ちも分かるんだけど、それを受け入れる透も素敵v
言うまでもなく、師匠さん(夾君のお父さん)は素敵。
なんて良い人なんだ…!!
・15巻88話
高屋先生のコメディセンスに脱帽した回です(笑)
劇のタイトル「シンデレラっぽいもの」ってのもですけど、内容が…!!(笑)
あんなシンデレラ(っぽいもの)だったらすごく見てみたいv
つっこみ、つっこまれの応酬がすごく楽しかった♪
アドリブがすごすぎる…!
やはり、黒いシンデレラ・花ちゃんと王子・夾君というキャスティングは最強だと思うvv(笑)
・22巻122話
この回周辺の話は、どれも素敵なんだけど、中でも大好きな回。
この回はほんと泣けます…(涙)
夾君と透、どっちの気持ちも分かるんだもん。




ちなみにフルバはアニメ化もされてるんですよね~。
もちろん見たけど!
アニメ化された当時はまだ完結には程遠くて、オリジナルの終わり方になってます。
ちょうど、6巻ぐらいかな。
アニメがあそこで終わるんだったら、あれで良かったかなって思う!
でも、続くなら止めるのは透だけが良かった…!ってのが素直な感想v
キャスティングもあってたしね~。
ささっと簡単に書くと、
・本田透/堀江由衣
・草摩由希/久川綾
・草摩夾/関智一
・草摩紫呉/置鮎龍太郎
・草摩楽羅/三石琴乃
・草摩紅葉/齋藤彩夏
・草摩はとり/井上和彦
・草摩潑春/陶山章央  (敬称略)

ってとこですかね。
フルバは登場キャラ多すぎて全部書くと大変なんだv(笑)
今考えても、声優さん豪華なんだよね~。
当時は、関さんの夾君がうちのイメージにピッタリ合いすぎてて、何この素敵な人…!?と思ったものですv
それから関さん好きになったんだけどね~♪
そして、やっぱり今思うとこのキャスティングはピッタリだったな~って思うよv
特に透、由希、夾はね♪
ただ…ここには書いてないんだけど、慊人の声だけは…残念だったんだよね…。
またフルバのアニメ借りて見たくなったけど、どうしてもあれがほんとにトラウマなんだよな…。
キャラがキャラだけに、あそこは女性声優さんにやって欲しかった。
個人的に、斎賀さんがピッタリだと思うんだけどなぁ…!

というか、再アニメ化して欲しいんだけどな、切実に!!
全部の話を見てみたいんだもんv


ドラマCDで、シンデレラっぽいものと学園防衛隊が入ってるのがあるんだけど、
今すごく欲しい…!
シンデレラは原作からして面白すぎるんだよね…!
あれはぜひ声付きで聞いてみたい(>▽<)v
学園防衛隊も面白いからなぁvv
ちなみに生徒会メンバーのキャストは、鈴村さん、田村ゆかりさん、甲斐田ゆきさん、福山さんという、
今から考えたら恐ろしく豪華な声優陣ですよv



ということで、フルバのオススメの漫画なんです!!
読んだことのない方にはぜひ読んでもらいたいですねv

高屋先生は今、「星は歌う」っていうのを連載されてますが、それも買ってますv
片恋ダイアリーっていうキャッチフレーズだったかな?
こっちも素敵ですよv
あとは、フルバの前作の「翼を持つ者」も読みましたけど、面白かったです!
やっぱり、高屋作品はテーマが素敵過ぎますね…!
個人的には、「幻影夢想」も読んでみたいです(^^)





☆余談ですが。
・その1
紅葉(もみっち)が本編で「ムッティ」って言ってるのを見て、あれ?と思った私。
確か、あの子はハーフだったよな…と思いつつ読み直してみると、ドイツ人とのハーフでしたよ…!
登場回も、少しだけどちゃんとドイツ語喋ってました!
当時はドイツ語なんて全然知らないから記憶にも残ってなかったんだけど…今読み直すと色々と発見がありますね(^^)
・その2
フルバ読みながら、水樹さんの「Innocent starter」を聞いてたんですが…
この曲、ほんとフルバに合いすぎだと思った!!
さらに言うなら、夾君&透に似合いすぎなんだv
歌詞の意味をとってくと、ものすごく深いんだよね~。
もともと好きな曲だったけど、さらに好き度が増した気がしますvv

こういう風に、曲を自分の好きな作品にあててイメージソングを探すのって好きです♪
スポンサーサイト

Wish

♪久しぶりに見つけて、懐かしくなったので読んでみました!
『Wish』(原作:CLAMP)をv

うちの妹の棚においてあったので、たぶん数年見てなかったと思うんだけどさ~。
だって、どんな結末だったか、全然覚えてなかったんだもん。


CLAMPさんというと、うち的にはカードキャプターさくらやツバサ、×××Horicのイメージが最近は強いんだけどね~。
やっぱり、連載してるのが何かによって内容って違ってくるんだよね。(少年誌か少女向けか)
ちなみに『Wish』はASUKA DXになってます。
ツバサみたいにドラマチックというか…バトルとかもあって、謎が明かされていく怒涛の展開って言うのもすごい好きです♪
でも、『Wish』みたいに、恋愛がベースというか、ほわほわした感じのCLAMP作品ってもっと好きかも知れないって思ったよv
『すき。だからすき』っていうのもASUKAコミックで出てるんだけど、これも好きだったしねv
まぁ、いずれにしてもCLAMP作品が素敵であることに変わりはないのだけれど♪



で、この『Wish』は恋愛がベース。
琥珀っていう主人公は天使なんだけど、ある目的のために地上に降りてきたのね。
そこで、叙」一郎という男性に助けられて、その恩返しをするために彼の家に居候することになる…っていうストーリーで始まるわけなんですが。
(詳しいことは、漫画を読んでみてくださいv素敵ですよv)


【キャラクター】
ストーリーはまた後ほど書くとして、登場人物が素敵なんですv
まず、主人公の琥珀がすっごい可愛いんだよね~vv
ほえほえしてて天然なんだけどv
やっぱり、主人公が天然って良いよね♪
ちっちゃい時も大きいときも(←こっちが元の姿だけど)ぎゅってしたくなりますv
で、その相方(?)の一郎さん。
無愛想なんだけど、優しいとことかね、すっごい好きだよ(>▽<)v
かなりのツボですねv(笑)
で、あとは天界の四天使長の一人・風天使の翡翠様と地界の魔王の息子である黒燿様。
この2人、実は駆け落ちして一郎さんの家に居候することになるんですが…。
翡翠様は琥珀にとって、とっても大切な人。
色々と教えてくれたりしたのでね。
翡翠様もどことなくほんわかした穏やかな人で、皆からつっこまれてたりしてます(笑)
でも、黒燿様と駆け落ちを選んだ時点で激情型、ってことになってますけどね~v
んで、黒燿様。
まぁ悪魔なわけですから性格もそんな感じなんだけど、でも優しさも持ち合わせてるというか、とにかく素敵な人ですよ!
強いしね~、カッコいいし。
なんだかんだ言って、翡翠様のこと大切にしてるしv
そして、琥珀ちゃんをいじめに来る悪魔の紅榴とその使い魔(昼になると猫)の瑠璃ちゃんと破璃ちゃん。
まぁ紅榴も悪魔だから性格は俺様なんだけど…琥珀ちゃんをいじめるのが生きがいな可愛い人です(笑)
瑠璃ちゃんと破璃ちゃんは双子(?)なんだけど大阪弁で、そこがまた可愛いんだよね~。

メインメンバーは以上なんだけど…まぁ個性豊かな面々でね、面白いんですよ♪
天然さん(琥珀ちゃんとか翡翠様かな?)もいるもんだから、だいたい紅榴とか瑠璃ちゃんたちがつっこんでますがv
あ、一郎さんも琥珀ちゃんの影響で、途中から天然入ってるような気もしますが(笑)


【ストーリー】
*以下、大いにネタバレなので注意!

で、ストーリーはといいますと。
琥珀ちゃんは純粋な心の持ち主なわけです。
そんな子が、一郎さんに惹かれていくっていうお話。

途中まではどんどん人が増えてったりするわけですよ。
もともと琥珀ちゃんは翡翠様を探しに来たわけなんだけど、その翡翠様は黒燿様を選んだから、天界には帰らないっていう…。
そこで一つ話があって、あとは一郎さんの過去を琥珀ちゃんと紅榴が見てきて…っていう話だったり。
過去で、琥珀たちは蛍さんという人に出会うんですが、彼女が一郎さんのお母さんなんですね。
でも、その正体は公園の藤の木だったんですよ。
一郎さんは蛍さんが好きで…ということも琥珀ちゃんが知っちゃったり。

で、そのうちにタイムリミットが来て、琥珀ちゃんは涙しながらに別れを告げて、天界に帰っちゃうんです。
もうこの時点で琥珀ちゃんは一郎さんが好きなので忘れられなくて、法願(自然に力を借りることで、補助法願や攻撃法願・治癒法願などがある。)で彼の家を見てるんです。
そこで、見知らぬ女の人と一緒に居るのを見て(といっても実は具合が悪くて介抱してただけ)悲しくなったり。
もちろん、地上に残ってる一郎さんも、琥珀がどこか特別な存在なんじゃないか、って思い始めてるわけで、2人の色んな想いが交錯してるんです…!

そして、琥珀ちゃんは神様の許しを得ずに地上に戻っちゃうわけですよ。
彼に会いたいがために。

あぁ、もうやっと2人一緒になれたよ…!って思うとこなんですが、
ちょっと前から黒燿様が言ってきた、一郎さんが特別な人間であるってことが分かり始めてくるわけなんです…。
この“特別”であることの意味が、ほんと切ないんだよね…。

翡翠以外の四天使長が来て、無断で地上に降りた琥珀に神様から【罰】が与えられるんだけど…。(これは後述)
そのあと、彼も琥珀を好きだって言ってくれて、最初に会ったときに琥珀が言っていた「一人じゃ叶えられない願い叶える」ということを…「ずっと側にいて欲しい」っていう願いを叶えて欲しいと。


やっと、2人でいられるんだっていう矢先。
一郎さんは倒れてしまうんです。
そして、そのまま………。

黒燿様が以前から言っていた、一郎さんが特別であることの意味。
…それは、彼が「もうすぐ死ぬ人間」だったということ。
紅榴や瑠璃ちゃん・破璃ちゃんが彼に近づくと気持ちよくなるって以前から言ってたんですが、それは身体から魂が抜けかかってたんですね。
黒燿様は何度かそれを口にしようとしてたんだけど、琥珀が少しでも幸せな時間を過ごせるようにと、言うのを神様が邪魔をしてたんです。
天使は直接死には関係ないから気づかなかったわけで…。

そして、悲しんでいる琥珀に神様からの使い(うしゃぎさん←可愛いんだよ、この子!)が来ます。
紅榴は「これ以上琥珀に罰を与える気か!?」って言ってつっかかってくんですが…
琥珀はそのメッセージを、「一郎さんがいなくなったより悪いことなんて…もうないから…」といって受け取ります。
そして、ここでさっきの【罰】の本当の目的が分かるわけです。
琥珀は小さい姿のまま、法願もいっさい使えず100年を過ごしなさいって言われたんだけど…
ここで神様からのメッセージで、これから100年後に一郎さんの生まれ変わりが現れるから、それまで眠りにつくっていうことになるんですよ。
つまり、そのための【罰】だったってわけ。
…神様いい人だよね…!
姿が出てこなかったのが残念です;

そして100年後。
一郎さんの亡骸と共に燃やされたはずの琥珀のイヤリングを持った男の子が家に現れます。
彼の名は、「栩堂宗一郎」
…つまり、一郎さんの生まれ変わり。
宗一郎君が現れたときに琥珀は目覚めて、「貴方の願いを叶えさせてください」っていうんです。
そして、自分の願いを――今度こそずっと側にいさせて下さいって。
んで、エピローグで宗一郎君と琥珀たち、かつてのメンバーでの生活が再スタートするわけなんですvv
といっても、宗一郎君は昔の記憶を持ってないわけだし、琥珀が待っていた「一郎」とは別人だって言うんですけども。
琥珀は、宗一郎君と一郎さんは『心』が同じだと。
生まれ変わりであっても、心が違えば好きにはならなかったって。
そして、宗一郎君の「願い」もまた、琥珀と一緒にいることになって、ハッピーエンドで終わりというわけですv



【感想とか色々。】
…あぁ、ついストーリーの内容全部書いちゃったんだけど…!
ちょっと、最近かなりテンション上がってるので、つい…!
というぐらい、これは素敵な作品なわけなんです♪

もう、全編通してキャラが素敵で、琥珀ちゃんの気持ちの動きとかもすごいよく伝わってくるんだよね~。
CLAMPさんのストーリー構成は神と呼ぶしかないね、ほんと!
蛍さんと会ったとことか天界に帰っちゃうとことかの一郎さんに対する琥珀ちゃんの気持ちなんかはもう、私も読んでて胸が痛くなったぐらいだもん…!

そして、一郎さんが亡くなるところ。
最初読んだとき、まさか死んじゃうなんて思ってもみなかったから、衝撃的でした。
うん、本当に。
2人とも両想いになって幸せなはずだったのに…!って何度思ったことか。
運命は残酷すぎる…!とかも色々思ったし。
うちはネオロマンサーでRPGプレイヤーなので、超越した力とか、時空を超えちゃうとかいう方法でなんとかならないのか・・・!なんて思っちゃったわけですが…(笑)

何より、泣きじゃくる琥珀ちゃんを見てられなかったもん…(涙)
この辺のくだりは、ほんとに泣けました。
彼女は天使だから寿命も長い。
種族が違う者を好きになってしまったら当然出てくる壁だけど、これはほんとに切ないところだよね。
いなくなってしまったのに、自分は生きてて、しかも長命で、これからずっとその悲しみを抱えていかなきゃならないなんて…(泣)

でも、それでも人間は生まれ変われることが出来る。
だから、人を好きになってしまった以上は、それを待つしかないってことで。
逆に言えば、待てばまた再び会えるんです。
人である彼に記憶がなくても、自分(琥珀)は覚えているから再スタートが出来るわけだし。
…これからも、こういう風に輪廻して、琥珀は待たなきゃいけないのかと思うと、それはそれで切ないわけだけど…。
けど、2人がまた会えて一緒に過ごせてるのだから、それはすごく嬉しいですね!
あぁもうほんと良かったよ…!と言いたい。
もう、幸せになるしかないのに、貴方たちは!!って思ってたもん。
ビバ☆ハッピーエンド!!とか叫びたくなる。(笑)
一郎さんが死んだときに、もう琥珀ちゃんはどうすればいいの…!?って思ってたから…。

確かに一緒に居られるのが一郎さんそのものではないのはなんとなく寂しい感じもするのだけれど…。
やっぱり、その2人で一緒に居て欲しかったってのもあるし。
…でも、心が一緒なら、確かにそうなのかもしれない。
同じ人ではないんだけど、やっぱり惹かれる何かが一緒なのだから、それは同じ人だともいえると思うしねv
それに、宗一郎君良い人だしねv
前(一郎さんのとき)もそうだったけど、お似合いの2人だと思うのですv


とりあえず、ハッピーエンドでほんとに良かったと思います…!
もう、Wishの世界の皆には幸せになってもらいたいんだもんv
特にあの2人はね…!



多分、『Wish』読んだ頃から輪廻転生とか生まれ変わりとか、そういうのが好きになったような気がするんだよね~vv
リンクしてる話も好きなんだけどさ。
なんかこう、昔の繋がりが何百年後かにまた現れるっていうモチーフが好きなんだろうな~、私。
オリジナルで、いくつか転生モノとかも考えてたし。


という感じで、この作品はほんとに大好きな作品ですv
機会があれば、皆さんも読んでみてくださいねv
恋愛モノとか好きな人はきっと好きになれると思います(^^)



で、素敵な作品なので絵を描きたいな~とか思っちゃってるんですが…。
難しいんだよね、このメンバー…。
特に大人の男性組。
一郎さんと黒燿様。
髪型とか頭身とか…!!
このデザインは、自分的に泣かせだと思います…orz
でも、やっぱり皆幸せな感じのとこを書きたいと思うので頑張りたい…!
(宗一郎君と一郎さんダブルを含めて書く予定。)
「貴方の願いはなんですか?」または「願いはきっと叶う」的な感じで、メインメンバーを中心にってとこですかね~。


あ、余談ですが。
この作品には、ラジオドラマが出てるんですね。
その主題歌はALI PROJECTが歌ってるんです。
タイトルは漫画の通り、「Wish」です。
どんな曲かな~って思って、調べてみようと思ったんだけど…
よく考えたら、友達に借りたアリプロCDの中で、同じようなタイトルを見たことがあったような気がしたんです。
そんで調べてみたら…どんぴしゃでしたv
歌詞がね、確かにWishらしくて、可愛いの!
ほんとに琥珀のイメージって感じです。
きっと願いが叶いそうな感じでv

なんという偶然vvっていうお話でした♪

tag : Wish CLAMP

LaLa6月号

♪今月のもね~、なかなかきゅんだったんだよねvv

とりあえず、コルダは月日フラグが立ってるなぁ…としみじみ。
最初の方は自分でも考えらんなかったけど、コンクール後半あたりから月森も好きになってきたから♪
でも、やっぱり個人的には土日を推奨したいかなv
いまだに、吉羅理事長が悪に見えて仕方ないという罠w
コルダ2をプレイした人は吉羅さん好きって方もいる(つか、香穂子とCPというか)
みたいなんで、やっぱプレイしんと分からんのかな~。
コルダもゲームやってみたいとは思うv

そんで、図書館戦争!
この辺は小説にはないんだけど、でも見事にときめくって言うか…vv
郁可愛いしね~、堂上教官相変わらずカッコいいしな~vv
てか、「王子 姫抱っこで姫を救う」とかほんと合ってるって思ったv
小説だと、初めの方は郁はわりと男前なんですが、こっちだと可愛いって方が勝るかもv
漫画読んでると、またアニメ見たくなってくるよ♪
 
あと、個人的に面白かったのは純愛ラビリンス、狼陛下の花嫁かな~。
いや、どれも面白かったけど!
純愛ラビリンス書いてるなかじ有紀さんは、HEAVENカンパニー見て好きになった感じだからね~。
新連載もなかなか良かったし、これから楽しみにしてるんですv
狼陛下は前に読みきりで出てたんだけど、面白かったからすごい嬉しいv
陛下がカッコ可愛く、夕鈴は可愛くてv
良いCPだと思うのv
最近、わりと読みきりで出たやつの反響がよかったらしくて、再掲載みたいなのが多い気がするな~v
確かに最近の読みきり面白いからね~♪


そろそろ買うのやめなきゃ…と思いつつ、来月もいいのがあるからまた止めれないって言う罠orz
前に載ってたとき、きゃらめるBOYは良かったし、青春攻略本も爽やかな感じで好きだったから、来月の掲載は見ねば!って思うし…!
あと、龍の花わずらいがまさかのクライマックスらしいので気になるところだし…!
ああ愛しの番長様が連載されてないのはちょっと悲しいんだけどね~。
前に載るはずだったとき、藤方先生が体調不良で休載したことがあったから、それがまだ続いてるのかも知れないね…。
早く、元気になってほしいです…!



tag : コルダ 図書館戦争 LaLa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。