スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイセス プレイ日記6

♪主に、サブイベント感想です(^^)
サブイベントは面白すぎるvv


*ネタバレ注意



・ピアノに大好きの気持ちを込めたシェリアさん。
恋する乙女だなぁv

・これだからあなたは…目が離せないんですよっ!!(byヒューバート)
ストラタ砂漠で、パスカルに言ったセリフです。
…これは…フラグが立ったと言っても良いんだよね?
良いんだよね!?

・→ヒューバートとパスカルは意外と噛み合ってると言う教官。
さすが、よく分かってる♪

・皆で戦隊モノ。
ソフィ→ホワイト
ヒューバート→ブルー
パスカル→ポジションはイエロー、しかしキャラはグリーンらしいです(笑)

・ロベリアさんの墓前で、浮気はしないでくれという教官。
カーツさんもロベリアさんが好きだったらしく、その彼は今、彼女の元に行っちゃったからね…。
でも、教官は約束を果たすまでそっちに行けないわけで…。
ある意味、カーツさんに先を越されちゃったわけなのかもですけど。
ロベリアさんが好きだったのは教官なのだから、私は応援してるんだぜv
頑張って、教官!!

・ソフィに憧れた、悩むことの出来るヒューマノイドの話は良かったよv

・「とぼけメガネ」(ヒューバート)
ヒューバートが女の子に練磨道具をあげたことに、驚きすぎなアスベルが良いv(笑)

・私にはもう家族がいるよ(byソフィ)
これを聞いて泣くアスベルに教官は、娘を嫁に出す父親か?とかv(笑)

・いなくなってしまってからでは遅い(byヒューバート)
もう、アストンさんいなくなっちゃったんだもんね…。
アスベルがそうなように、ヒューバートも後悔してるんだろうなぁ…。

・パスカルから縁遠い言葉、それは「愛」(笑)
…まぁ、そうですよねv

☆サブイベント:「水着」
これは面白すぎるvv
シェリアさんに足りないのは色気だそうで…(笑)
色気を磨くために、男性に声かけるわけなんだけど…。
その相手がアスベルだったとか、シェリア可哀想…(涙)
まぁ、そんなオチだと思ってたけどww
・成長期と発情期じゃ全然違うよ、ソフィ…!!
→しかも、教えたの教官の仕業とかwwいつの間に…!?
・ナンパするぞって、何言い出すんですか、教官…!?
→表向きは、シェリアの色気アップのためらしいけど。
絶対面白がってるだけだと思うv
・にゃんこソフィは可愛いですv
・教官の格好は、最初ライフセイバーだと分かりませんでした(笑)
・パスカル…らしいっちゃらしいけど、もうちょっと女の子らしいのにしようよ…?(笑)


・せっかくペアアクセサリーをゲットできるチャンスだったのに…。
乙女心を察してあげて、アスベル…!
言葉にしないと伝わらないこともあるものだぞ(byシェリアのおじいちゃん)
分かっててわざと仕組んだのか…!
良い人だv

・やはり教官は女性にもてるタイプですよね~。
礼が言える大人な人ですからv
この手の話題に敏感に反応するシェリアが良いなぁv

・ヒューバートは髪をあげると印象が変わります(^^)

・シェリア固有の服。
純白で綺麗だよね~。
いっそ、花嫁さんとかでもいけると思うんだけど!


☆サブイベント:「シェリ雪姫」
この面白さもハンパないですよv
・やっぱりシェリアは夢見る乙女ですから、お姫様だよねv
・当然、王子はアスベルv
・ソフィはナレーションv
・ヒューバートはまさかの魔女ww
しかも、ダメ出しされとるw
本気になったヒューバートは、なぜか女言葉が似合います(笑)
・パスカルは鏡(←空気が読めない)v
ぶっぶ~っていうなよ、鏡なのに(笑)
・そして、とどめは妖精さんな教官ですww
妖精さんなのに声が低音て…(笑)
たぶん、アーサー(APH)が見たら泣いちゃうと思うねw
   
シェリ雪姫復活後。
・姫復活を聞いた魔女さんはメガネのレンズにヒビを入れたそうですw
・あと、妖精さんは労働争議してるらしいですw
 
で、まぁ当然姫復活の際には王子が姫にキスするんですが。
寸前で止めてたんですよね~。
姫はドキドキしてるのに、王子はまったく気にしてないけど。(笑)
それを見た妖精さんは何かを悟ったようでv
王子に蹴り入れましてね~v
寸前で止めてた姫と王子に事故が起こるんですよv
さすが妖精さん、よく分かってる!!



・マーボーカレースープが出てきたときには、さすがにビックリした…!
でも、これカクテルの名前なんだよな…(笑)
名前からして、既にカクテルじゃないやんて思うんだけどw

・宿屋で会える3人組。
お姉さんの料理のあのまずさは、リフィル先生以上なのかも…(笑)
ソフィは吐き出してるぐらいだし…てか、あからさますぎるよ、ソフィw

・ララとの話はすごく良かった…!
ソフィが届けるぬいぐるみに元気をもらったっていうねv
でも、結末は切なかったなぁ…(涙)
誰かがいなくなるのがあんなイヤな気持ちになるなんて思わなかった、
っていうソフィはまた成長したんだね(^^)

☆闘技島で。
・ヴェイグの探し物。
…絶対、探し物はクレアだろうと思ってたのに…残念…(笑)
・戦闘で、秘奥義のセルシウスキャリバーとか、通常技も懐かしいのばっかりだったなぁv


・寝言で術を詠唱するパスカルを、全力で殴って止めるソフィ。
そりゃあ、パスカルは頭痛いでしょうねぇ…。(笑)

・恋愛話をする男性陣。
トイレで話してるんかい、あんたら…(笑)
まぁ、アスベルに恋愛話は通用しないよねぇw
教官の育て方は悪くないよ!
元々純粋培養だからしょうがないんだぜ☆←
天然タラシは受け継がれなかったようですw

スポンサーサイト

テイルズ的あれこれ。

♪シンフォニアの漫画読み直してたら、なんか久しぶりにゲームやりたくなりましたよ!
あれだ…漫画版の構成は神すぎて泣ける…。
やっぱりシンフォ最高だぜやっほぅい!!な気分ですよv

しかし、手元にゲームがない件。
ありえねぇww
シンフォだけ2周(中3と高2(?)ぐらいで1回ずつ)したんだけど手元にはないとかねw
突発的にアマゾンで買おうかとも思ったんだけど…
最初プレイしたのが今から5年ぐらい前でしょー。
で、今グレイセスやってて、新しいシステムとかグラフィックに慣れちゃってるからなぁ…。
今もついていけるか心配なんだよね~。
ストーリーとかはもちろん素敵なので問題ないのだが。
聞くところによるとアビスは完全版ではなかったらしいので、これからリメイクするとか十分ありえるんだが…
シンフォはないのかなぁ…。
あったら絶対そっち買うんだけど!
まぁ一回PS2に移植してるから無いかなぁとか思っちゃうわけだけれども。
どうしようかなー。
…でもやりたい…!
あと、唐突にリバースもやりたくなりました(^^)
これはPSPだからいずれ買おうかな~とか思ってたりする。
話もキャラも好きだしねv


そういえば、今までプレイしたのはS・G・E・P・D2・Rなんだけど、Rだけ描いたこと無いだよなー。
(Gはまぁこれからなので抜きって考えると。)
P・D・S・Eは1回まとめて描いたこともあるんだけどね~。
Pはそれ以外でもちょくちょく描いてたし。
てことで、ちょっとR描きたいなぁと思ってますv
でも、クレアが結構難しくてめげました、昔(笑)
ヴェイグは男なので言うまでもありませんorz
やっぱりゲーム持ってるとモチベーションあがるよな~とか思いつつ。
グレイセスはテスト終わったら描きますよ、きっと(^^)

良いよね、テイルズ!
友人にマイソロ2の漫画を借りて読んだんだけど、
その影響で今更だけどマイソロ2やりたくなりましたよー。
やっぱりクロスオーバーっておいしいv
個人的に、スタン・ルーティとカイルのあたりが気になってたりv



余談ですが、6月にテイルズフェスがあるそうで。
ちょっと行きたいんですけど…!!って思ってる今日この頃v


グレイセス プレイ日記5

♪そろそろ物語が佳境な感じになってきますよ~。



*ネタバレ注意!


・ラムダの繭に突入後。
エメロードをうさんくさいという教官とヒューバート。
他の皆は人をあんまり疑わないからなぁ…。
この2人は、このパーティの良い参謀ですね!

・エメロードの真の狙いは、ラムダが生み出す生命を人為的に操作することで、フォドラに新しい生態系を作ること。
ラムダの生命力とエフィネアの大石を糧に、フォドラを再生する気だったんだよね。
エフィネアは元々フォドラの殖民惑星なのだからその犠牲になるのは当然で、
自分が創造主、神になると。
…やっぱりこの人悪だったなぁ、予想通り。
ソフィを治そうとする間も、なんか胡散臭かったし。
ソフィ自身のことよりも、ソフィのプロトスヘイスとしての機能ばっかり重視してる感じだったし。

・→ソフィはエメロードに作られて、しかもラムダを消滅させるために自分の命を捧げるという、
「対消滅」を運命付けられていたわけで。
作った当人は自分の都合で、ソフィがラムダを消滅させようとしてるとこを阻止するし。
じゃあ、何のために生まれてきたのかってことだよね。
対消滅の事実を知ったアスベルたちは当然怒るよ。
自分の命を捨てることで全てが終わるなんて…悲しいし。
ソフィは、ラムダはリチャードと融合してるから倒したくないと思う一方で、
プログラムされた部分から、ラムダを倒すという“使命感”がどうしても消えなくてさ。
その使命がソフィが生まれた“意味”なんだけど、そんなもの認められるはずもなくて、アスベルとソフィはけんかしちゃったり。
お互いを想ってるからこその衝突はやっぱり切ないですよ…。

・…多分エメロード死亡フラグだな…と予想してはいたものの、
なんかあっさりだったなぁって感じがしなくもない。
所々胡散臭かったしなぁ。
教官とヒューバートは気付いてたみたいだけど。
もっとキャラについて書き込んであったらよかったのにと思うね~。

・エメロードが器にふさわしくないと言ったラムダと、再びラムダを求めたリチャード。
その理由はなんなんでしょうか…。

・アスベルには無理、邪魔しないで(ソフィ)
過去を思い出すのが怖かったっていうのは、今のように、居場所がここにあることがそうでなくなるからだったのかな~。
対消滅を使命付けられたソフィにとっては何より優先すべきはラムダ討伐なんだけど…。
アスベルには無理と言ったのも、犠牲にならないで欲しいってことだったのかな?
それとも、そうあるべきっていうプログラムに侵食されちゃってたのか…。

・死ぬために生まれてきたなんて、悲しすぎる(シェリア他)
悲しいというのはソフィには分からない感覚だそうで。
最初に比べて、すごく人間らしくなってきたな~って思う一方でこういうのもあるらしい。
そこがまたソフィの可愛いところだったりもするんだけれどさv
感性で欠如してる部分もあるんだねー。

→・バシス軍事基地前でのソフィのサブイベントのブローチの話。
初めて大切だと思った人を殺されたときの激情っていうのは、
ソフィにとって人間らしい感性が芽生えた第1段階だよね。
壊れたブローチがまた切ないんだけどね…。
せっかく友達?のようなものになれたのに。

・ソフィのサブイベントで花を育てるのにて。
ブラッディローズとかアマリリスとか、色々と関係あるキャラが思い浮かびますv
ソフィのセリフもまた面白いんだよね!

・ラムダ繭から一時ラントに戻ってソフィ・シェリアが話す場面。
シェリアが言った言葉はすごく好きだな~って思った!
(アスベルは)悲しいから怒るとか、昔も悲しくて悔しかったからとか。
男は不器用なのよっていうシェリアのセリフは素敵だったね…!
大人だよな~。
やっぱりシェリアはみんなのお母さんだよvv

→・その後、ソフィとアスベルとの会話にて。
やりたい事や知りたいことをソフィにやってほしいと言うアスベル。
皆で迎える未来って素敵だよねv
アスベルには笑っていて欲しいっていうソフィのなんと可愛いことか…!!

・ヒューバート「今度は家族として会いに来ます」
いずれはストラタ軍に戻るというヒューバートがアスベルに言ったセリフ。
ようやく、昔の確執が消えてもとの兄弟に戻れたって感じだよねv

・ラントで過ごした夜、仲間との会話にて。
ソフィは「風花を一緒に見たいよ」そして「全てを守りたい」と。
教官だったかな?は「相手を大切に思う心」が大切だって。
なんか、グレイセスのテーマがすごくいい感じに来てると思う。

→・次の日の朝、ガルディアシャフト(ラスダン)に向けて出発の日。(実際はそうじゃないけど・笑)
シェリアに頼みたいことがあるというバリーさん。
そして、なぜかここで登場するレイモン(笑)
前にシェリアがレイモンを助けたときに、フラグが立っちゃったらしいんですよね~。
でも、シェリアはやりたい事があるからとお断りするんですけど。
…それに、シェリアにはアスベルがいるんだしね!
…先は長そうだけど…;
まぁそれは置いといても、シェリアはみんなの天使だな~って思うよv



グレイセス プレイ日記4

♪前の記事の続きですv


*ネタバレ注意、イベント順序はバラバラ



・フォドラに向けての、シャトル発射時のムービーのクオリティは神。
すごい綺麗だった…!!
遺伝子操作(?)をして作ったらしい生き物に乗って、助けに来るパスカルのお姉ちゃんがすごいカッコいいよ…!

・緑のない地(フォドラ)
なんとなく、火星を思い出しますよね…。
暗示的なのかな~とか思ったり。

・2つの世界。エフィネアとフォドラ。
TOSとかTOEみたいな感じですかね?
アンマルチア族はもともとフォドラの住人だったんだもんね。

・エメロードは、なんとなくマーテル(TOS)を思い出しました。
眠ってたのとか、髪の色とか…あと、フォドラが人がいなくなった世界だったから、天使たちの街と似てるな~って思ったんだよね。
…まぁ、中身はマーテルとは似ても似つかないんですけどねw
余談ですが、居住区(エメロードが眠っていた部屋)にクラトスのカルタカードが落ちていたのも、なんか色々思っちゃいました。
四英雄を思い出すよ…。

・どうして一人だけ、千年もの間眠ってたんだろうなぁ…エメロード。

・「生まれた機械の意義」
人造ヒューマノイドのあたりの話とか切ないですね。
ソフィは特に対ラムダ戦闘用として生み出されたのだから…。

・命の息吹が感じられない

・リチャード「全てを還す、星の命ラムダに…」
最初は受動的にラムダに取り込まれてるんだと思ってたんだけど…
これが多分、リチャードがラムダと共鳴してる部分なんだろうなぁ。
リチャードは世界から戦いが無くならない事を嘆いてたから、きっとその辺のことが関係してるんだろうね~。

・「単粒子保全」と「分減保全」
ソフィがヒューマノイドとして特異なのは、粒子化が出来ることや自己修復機能を持っていることだとか。
で、アスベル・ヒューバート・シェリアが光の力を使えるのは、ソフィが“あの時”に分減保全を行ったから。
要するに、ソフィが彼らを救ったって事なんだよね。
アスベルは絶対死んでるような傷だったから、なんでだろうとは思ってたけど…。
これで、あの時の出来事に納得がいきましたね!
でも、分減保全はミスすると復元不可能になるから、ほんとに命がけって感じだったんだろうな…。
それでも、ソフィはアスベルたちが大切だったから、やったんだよね。

・→「ソフィとずっと一緒にいた」(アスベルかシェリアのセリフ)
このセリフはぐっと来ますね…!
あの時以来、再会するまで4人は離れ離れだったんだけど、ソフィはみんなの中に行き続けていたんだよね。
記憶を失っていたのは、分減保全の影響もあると思うけど…
当時一緒にいたヒューバートが欠けていたせいもあるのかなぁ。

・→アスベルたちはソフィに命を救われて。
ソフィもアスベルたちに救われて、あと人としての気持ちというか、そういう色々なものを教えてもらったわけで。
そういう、お互いに影響を与え合って出来ていくモノってすごく素敵だよねv
まさしく、絆の力だと思うんだv

・ポアソン(子供)からお金を借りてるパスカル。
いい大人なのに…(笑) (ちなみに彼女は22歳)
しかも、返す気が微妙になかったそうw

・器が魂を形成することもある(コーネル博士)
ラムダの成長を見届けていた彼の言葉。
ヒューマノイドは特にそうなんじゃないかなぁと思う。
コーネルさん良い人だったのにな…。

ちなみにエメロードはコーネル博士が好きで、お互い想ってたんだけど…博士は答えられなかったらしく。
その結果、エメロードはラムダを要らない子と思った…みたいな感じだったと思われる。

・デリスビットを「作っちゃいました!」と簡単に言えるパスカルは、
やっぱり研究者としてすごいんだろうなぁ…!
ふだんはボケすぎなのに。(笑)

・デリス鋼の余りで指輪を作ったパスカル。
それを教官にはいっと渡すのを見て。
シェリア「ふたりはそういう関係だったの!?知らなかった……」
シェリアさんww
貴女も天然ですかv
教官は身に覚えがないそう。(当然だけどねv)
そして、その指輪のおかげであっさりとソフィやアスベルたちと同じように光の力が使えるように。

この一連のイベントで、やっぱりこのパーティはボケすぎだと思ったんですがw
そこがまた好きなとこだけどね!!

・教官との戦闘(サブイベント・チャット)
言葉の力を信じろとか、強く願え(だっけ?)とか、色々とアスベルに伝授する教官。
くそぅ、カッコよすぎる…!!
やっぱ教官好きだvv
→戦闘で勝った後。
マリク「あとは好きにしろ」(アスベルに負けたから)
アスベル「教官…では、ブスリと。」
マリク「ちょっと待て、本当に死ぬだろうが!!」
…あぁもう、この師弟コンビ大好きだなぁvv
このあたりが、私がこの2人好きな所以ですよvv
このときに出てくるミニキャラの絵もすごく可愛いんだよね♪





【戦闘終了後のセリフ】
・全員 「俺(私)たちは」
アスベル「負けない!」シェリア「負けないし」(シェリアが画面アップ)
パスカル 「くじけないし」
ソフィ 「倒れないし」
アスベル 「そろわなくても泣かないし…」(3人娘の裏でしょんぼり体育座り)
→フリーダムでそろわないメンバーにしょんぼりなアスベルが可愛いですv
このパーティをよく表してるよねww

・パスカル 「新しい技を閃いてしまった!」
マリク 「ほう?」
パスカル 「ピーチグミを放り投げて、敵が気を取られている隙に…」
マリク 「隙に?」
パスカル 「アップルグミを食べる!」
マリク 「俺は逆を勧めるな」
→さすがパスカルvって感じですね~。
冷静にツッコむ教官も、もう慣れちゃったんだろうなぁ~(笑)
年齢差はあるけれど、なんのかんの言ってパーティでは最年長組ですからねv


グレイセス プレイ日記3

♪ちなみに、現時点ではもう、ガルディアシャフト(本編ではラストダンジョンにあたる)に乗り込むだけだったりしますvv
今は、シャトルであちこち回って、依頼やったりサブイベントこなしたりしてる最中ですv
メインストーリーのシリアスも好きだけど、色々とあるサブイベントはやっぱり良いですね♪


まぁそんな感じなんですが、プレイしながらメモった感想をちょいちょい書いていこうかと思います!
ちなみに、本編そっちのけだったりします(笑)


*ネタバレ注意!
イベントとか順番バラバラです。




・バナナの食べすぎで船に酔うパスカルって…(笑)

・教官は何となく、フェンデル出身っぽいな~と思ってたらどんぴしゃでした!
しかし、ベラニックでソフィに話してた歌の話、あれって教官とカーツさんのことかなぁとか思ったり。
それにしても、教官の歌聞きたかった…!!
歌ってくれればよかったのにな~。

・死ぬのが怖い(ソフィ)
あれかな、昔アスベルたちを守ったときの記憶のかな…。

・気付かないうちに変わっていくソフィ。
アスベルはやっぱりお父さんポジションですかね~。

・シェリアよりソフィを気にかけるアスベルw

・鯛茶漬けが好きだという教官に。
シェリア:「渋いって意味ですよ…ねえ?」
マリク:「俺に聞くなよ」
ちなみに、ソフィはかに玉ラブvv

・最近の人々は物に頼りすぎだという教官。
そんな教官の言葉に、シェリアは姑みたい…と。
こらこら、そんなこと言っちゃダメだからww

・兄さん(アスベル)に、友人殺し(リチャードのこと)はさせないというヒューバート。
やっぱり根は優しいんだよなぁvv
素直じゃないだけで。

・元気ないパスカルはちょっと寂しいよね~。
しかし、それを素直じゃないけど元気付けるヒューバート。
何のかんの言って相性良いよね~v

・ザヴェートにて、教官の過去話。
ロベリアさんとカーツさん、そして教官との関係。
ちょっとこの辺切ないよね…。
後で依頼で出てくるけど、ロベリアさんのお墓あたりでの教官の言葉とか。
これらに関しての教官の発言は、個人的に好きなの多すぎるんだ…!
「ロベリア、君の笑顔は今も…」とか「君を失いたくない」とか。
(多すぎて記憶に留めきれてませんorz)
言えなかった言葉が、あまりにも多いんだけどね…。
本心を口に出せなかったが故に、ロベリアさんは死んでしまったのかもしれないし。
最初、教官がアスベルに「強いだけでは守れないものもある」って言ってたのは、たぶんこのことかな~と思う。
思いやりというか、相手の気持ちも考えなければ本当には守れないって事だったんじゃないかな~。

・サブイベントで、ヒューバート・ソフィ・教官と戦ったりとか。
最初のヒューバートはほんとに唐突で、ビックリしたよ…!!

・深く分け隔てられている道(教官とカーツさん)
目指すものは一緒だったはずなのに、こうして相対する羽目になってしまうのも…切ないといいますか。

・友情の誓いしよう?
ソフィが、ラムダに取り込まれてしまった(逆かな?)リチャードに話しかける場面。
これ切ないよね…。

・→広がっていく繭から逃げる皆。
このアニメーションは、オープニングにあるのと同じでは…!!
あの辺、テーマソングと合わせてヤバいです。
ソフィを背負いながら皆で逃げるのがすごく絆を感じがなぁ…。

・カーツさんにはもっと活躍してほしかったなぁ…!
教官と一緒に、何かして欲しかったのだけれど。
(そして出来るなら、もっと過去話を…!と思ったり。)
大紅蓮石の前でのあの最期はすごい切なかった…(泣)

・→と思いつつ、教官がフェンデルに残ると言い出した瞬間、凍りつきました。
他の皆も好きだけど、教官が居ないパーティなんて…(あたしが)耐えられない…!
誰か引きとめて…!と思ってた時。
ヒューバートがあなたのやるべきことは決まってる、と。
偉いよヒューバート…!!

・そして、そんなシリアスな大紅蓮石の前でのチャット。
火の石に触っちゃいけないわけ
パパ(アスベル)に聞く→ママ(シェリア)に聞く(も、彼女はぽーっとなる)
→教官→ヒューバート、で、ヒューバートは呆れる。
まぁ、このメンツだからしょうがないでしょw

・高いところが苦手な教官。
…ウォールブリッジでは高いところから登場してたのにね(笑)

・リチャードによる攻撃で、体に不調をきたすソフィ。
だんだんと視力がなくなっていくという…。
ソフィを治すために奔走する一同に休んでいなさいと言われるも、
「良くならないならみんなと一緒がいい」
なんかもう、仲間以上に家族って感じだよね…!
この距離感がすごく好きvv
「見えなくても、思い出すだけで優しくなれる」
とかね、もうソフィいい子過ぎる…!!
ちなみに、目が見えなくても気配というか、雰囲気で分かるみたいです。

・沈没船でのサブイベントで、実は掃除好きと判明したアスベル。
面倒や苦しいことも楽しさに変えてしまうのがあいつの強さ(by教官)

・老け込んでいくって…ひでぇww(教官に対して)

・ウィンドル軍史(だっけ?)をもらうサブイベントで、マリク教官の師だった人に会う。
彼が教官に名づけた渾名は「マリっ子」(笑)
そして、彼いわく教官は「天然タラシ」
ちょっと予想外…!
でも素敵だけどv
あと、その師の娘さんは教官に惚れていたものの、捨てられたそうで。
…それは…ロベリアさんじゃないよね…?

・チャット:「存在の重さ」
カットインで入るあの絵がすごく好きだvv
そして、アスベルとシェリアは、ソフィにとっていい両親だと思うよv

・アスベルとヒューバートが無事に戻ってきたあたりのラント家。
色々と過去からの衝突はあったんだけど、アストンさんも息子たちのことを思ってたんだね、やっぱりv
不器用なだけだったんだよね。
ラント家素敵だvv
ケリーさんが皆に作ったお弁当も、すごく温かい感じがしたしv
「大切なのは、答えにたどり着こうとする心」(byアストン)
というかやっぱり、ラント家の人たちは不器用さんが多いのかな~(^^)

・ソフィを通してまた皆と繋がった(シェリア)
あの事件以来、バラバラになってしまった3人(アスベル・シェリア・ヒューバート)がまた元に戻れるというのはいいよね…!!
なんか色々と素敵だなぁ…v



【戦闘終了後のセリフ】
・アスベル 「ふと、昔のことを後悔するんだ…」
シェリア 「アスベル…」
アスベル 「小遣いの値上げ、何でもっと粘れなかったんだって…」
ヒューバート&シェリア 「おい…」(2人ともツッコミのポーズ)
→このやりとりすごく好きです!
やっぱりアスベル天然さんだなぁ~。
それに振り回される2人は大変ですv
なんだかんだ言ってこの3人面白いよなぁv

・アスベル 「俺たちは」
アスベル&ソフィ&シェリア 「負けない!!」
ヒューバート 「うわあぁっ!踏むから!踏むからぁー!!」
(アスベルの足元に眼鏡が落ちていて拾おうとする)
→メガネキャラの王道ですねww

・マリク 「大丈夫かシェリア、立てるか?」
シェリア 「この優しさがアスベルにもあれば…」
→戦闘終了後の掛け合いで1番好きなのは多分コレだと思うんだv
確かにそうですよねw
でも…アスベルだからなぁ……(笑)
教官が大人すぎるんですよv
ちなみに当のアスベルは画面の隅で、どこぞに向かって勝利のガッツポーズしてますw

・パスカル「この勝利を近所のおばさんに捧げる!」
→なぜおばさんに…?と、聞くたびに毎度ツッコミたくなります(笑)


戦闘終了後のセリフはどれも面白すぎますvv
他にも好きなのあるんだけど、ちょっと再現しきれないのでまた今度に♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。